ウーアンジュ

ロングスリーブ・ボレロの着脱で2WAYに着こなせるドレス。チュールレースが甘くなりすぎず、クラシカルな印象を与えます。 提供元:w*ange

ロングスリーブ

英国ロイヤルウェディング以降、人気が衰えないロングスリーブ。2013年もその勢いは止まりません。欧米でも変わらずトレンドをキープし続けています。やはり人気が高いのはキャサリン妃がまとった繊細なレースを使ったロングスリーブ。

本来、教会でおこなう挙式では肌の露出を控えるため、ロングスリーブは正統派のデザイン。厳かな雰囲気で挙式を迎えたい花嫁にはヒッタリです。

マツオ

スリーブにあしらわれたリバーレースのブーケモチーフが繊細で美しいマリエ 提供元:MATSUO

ノバレーゼ

繊細なレースが印象的なCarolina Herreraのドレス。2013トレンドを象徴するような最旬のスタイルです 提供元:NOVARESE

またレースのような透ける素材であれば、春夏のウェディングにもオススメ。ロングだけでなく、五分や七分袖などのハーフスリーブ、袖口にかけてラッパのように広がるパゴダスリーブなどもあり選択の幅がグッと広がりました。

一見、腕のコンプレックスをすべてカバーしてくれそうなロングスリーブですが、二の腕をはじめ腕の太さが気になる花嫁は、袖の幅が細すぎるものはNG。腕のお肉でパンパンに張ったスリーブラインは、余計に腕を目立たせ逆効果です。また動きも制限されてしまいます。レースやオーガンジーなどの透ける素材なら、なおさら腕のラインが出やすいので注意しましょう。