ビタミンDの基礎知識

日光

ビタミンDはその生成に日光が必要となり、別名「サンシャインビタミン」ともいわれる

ビタミンDは、水に溶けず脂に溶ける脂溶性ビタミンです。大きく植物由来のビタミンD2(エルゴカルシフェロール)と、動物由来のビタミンD3(コレカルシフェロール)に分けられ、ビタミンD3は紫外線によって皮膚に含まれるコレステロールから作られます。つまり、紫外線不足、日光不足でビタミンDが不足しがちになり、その生成方法から別名「サンシャインビタミン」とも呼ばれています。

このビタミンD2とD3は共に、腎臓で活性化ビタミンDとなり、体に様々な働きを示します。なお、ビタミンの量はIUで示され、40 IU = 1μgとなります。

骨

骨の形成でよく知られるビタミンD。骨以外にも、様々な働きが報告されている

■ビタミンDの働き
  • カルシウムとリンを調節し、骨を強化
  • 筋肉の収縮作用を調整し、筋肉を強化
  • インフルエンザ予防
  • がん(特に乳がん、腸がん)
  • 糖尿病
  • 肥満・メタボリック症候群
  • リウマチなどの自己免疫疾患
  • パーキンソン病、うつ、アルツハイマー病、統合失調症、中枢神経腫瘍などの精神・神経疾患
  • 慢性腎臓病
  • 死亡率の低下(長寿効果)
  • 薄毛
  • 花粉症、ぜんそく、アトピーなどのアレルギー
などに有効と報告されています。次に、上記のなかでも特にアレルギー関連について解説していきましょう。

ビタミンDがアレルギーの予防に?

ビタミンDはアレルギーに対しても有用という報告がなされている

ビタミンDはアレルギーに対しても有用という報告がなされている

日本機能性医学研究所所長斎藤糧三先生は、花粉症患者にビタミンDを2000~4000IUを摂取させると、30分~1時間程度で鼻のとおりが改善したと報告しています。

違う報告では、喘息持ちの子どもの血液中ビタミンD濃度が高いと、発作による入院、ゼイゼイという喘鳴、ステロイド薬の使用、アレルギー指標が低下するというものもあります。成人でも、血液中のビタミンD濃度が高いと、呼吸機能がよいと報告されています。

アトピー(アトピー性皮膚炎)についての効果

ビタミンD軟膏は、皮膚の表皮細胞の増殖を抑える作用があり、角質が増えている角化症や、皮膚の乾燥がひどく魚のうろこのような魚鱗癬で使用されています。

他、ビタミンDの摂取は皮膚の殺菌効果を高め、皮膚のバリア機能を高めます。アトピー性皮膚炎は4000IU/日、21日間で皮膚の殺菌効果のある成分が増加したという報告もあります。

このような働きがあるといわれているビタミンD。私たちは実際、足りているのでしょうか?