方法3:OS XをフルでインストールできるUSBメモリを作成する

企業内などのプロキシ環境下やインターネットに接続できない場合でも使えるように、あらかじめOS XをインストールできるUSBメモリ(8GB以上が必要)を作成しておく方法もあります。5GB以上の領域があればSDカードやUSB接続ハードディスクも利用できますが、作成時にはプロキシーを介さないインターネット接続が必要です。

作業の流れは大きく分けて「OS Xインストールデーターの取得」「OS X インストールUSBドライブの作成」の2つ。やや複雑な手順となりますので内蔵ドライブのデータをバックアップしてから作業してください。

その1:OS Xインストールデーターの取得

【作業手順】
  1. リカバリー領域またはインターネット復元を使ってMacを起動
  2. 「OS Xを再インストール」(図3−1)を選んで、内蔵ドライブにOS Xを再インストールする操作を行います。インストールしようとするOSが内蔵ドライブと同じバージョンならば、フォーマットする必要はありません
  3. ダウンロードが終了すると、Macが再起動しますので、インストールが完了するまえに「OS X インストーラーを終了」(図3−2)を実行。確認ダイアログが表示されるので「再起動」をクリックします。インストールが終わってしまうと2.でダウンロードしたデータが消えてしまうので必ず行ってください
  4. 再起動中に commandキーを押しながら R キーを押し、リカバリー領域またはインターネット復元を使ってMacを起動します。Macをそのまま起動するとインストールが再開してしまうので注意してください
  5. 「ユーティリティ」メニューから「ターミナル」を実行(図3−3)
  6. 「mount -uw /」とタイプ(図3−4)してreturnキーを押します。内蔵ドライブを読み書き可能にするために必要な操作です
  7. 「cd "/Volumes/Macintosh HD/OS X Install Data/"」とタイプ(図3−5)してリターンキーを押します。「"」はshift + * で入力できます
  8. 「cp InstallESD.dmg "/Volumes/Macintosh HD" /」とタイプ(図3−6)してリターンキーを押します。InstallESD.dmg というのがOS Xのインストールデータで、この操作によってバックアップします。コピーが終わるまでしばらく待ちます。(※“Macintosh HD”の部分は内蔵ドライブの名前で、環境によっては異なる場合があります)
  9. ターミナルを終了し、Macを再起動して2.で中断したインストールを完了させ、Macを内蔵ドライブから起動します
  10. Finder で「移動」メニューの「コンピュータ」を開き、Macintosh HDを開くと、8. でコピーした「InstallESD.dmg」があります(図3−7)

(※ターミナルの説明で“Macintosh HD”と書かれた部分は内蔵ドライブの名前で、環境によっては異なる場合があります)


(図3−1)
OS X の再インストール

この作業を行うことによりMacのモデル固有のOS Xをダウンロードします


(図3−2)
インストールの中断

インストールを中断します。メニューはマウスを画面上部に移動すると出てきます


(図3−3)
ターミナルを起動

ユーティリティ メニューからターミナルを起動


(図3−4)
mount uw

mount -uw / を実行して内蔵ドライブを読み書き可能にします


(図3−5)
フォルダの移動

ダウンロードしたOS Xのイメージをコピーするためフォルダを移動します


(図3−6)
cp InstallESD.dmg

cp コマンドで InstallESD.dmg をMacintosh HDのルートにコピー


 (図3−7)
InstallESD.dmg をゲット

InstallESD.dmg をゲット!


→ その2:OS X インストールUSBドライブの作成