その2:OS X インストールUSBドライブの作成

入手した「InstallESD.dmg」を使ってUSBドライブを作成しましょう

【作成手順】
  1. 「InstallESD.dmg」をFinder上でダブルクリックしてマウントします
  2. ディスクユーティリティを起動し「ファイル」>「ディスクイメージを開く…」を実行(図3−8)
  3. 「Mac OS X Install ESD」ドライブを選択した状態で、command キーとshiftキーを押しながら「.(ピリオド)」を押し、不可視ファイルを表示します(図3ー9)
  4. 「BaseSystem.dmg」が見えるので、それを選択状態にして「開く」をクリック
  5. ディスクユーティリティの右側に「BaseSystem.dmg」が追加されるので、クリックして選択状態にします
  6. 「復元」タブに切り替えて、ソースには「BaseSystem.dmg」、復元先に8GBのUSBドライブをドラッグ&ドロップしてセットし、右下の「復元」ボタンをクリックします(図3ー10)
  7. 復元が終了したら、マウントされたイメージ(Mac OS X Base System」の「System > Installation」を開きます(図3−11)
  8. 「Package」のエイリアスを削除し、Finderに切り替えて「Mac OS X Install ESD」にある「Package」フォルダを先ほどの「System > Installation」にコピーします(図3−12)
  9. 以上で「OS X インストールUSBドライブ」の作成は完了しました。システム環境設定 - 起動ディスクで選択するなどしてMacを再起動すればOS Xを新規にインストールできます(図3−13)

(図3−8)
ディスクイメージを開く

ディスクイメージを開いて中身を参照します


(図3−9)
BaseSystem.dmg

command + shift + . (ピリオド)を押して、不可視ファイルを表示させ、Basesystem.dmgを入手します


(図3−10)
復元実行

「復元」タブに移動、BaseSystem.dmg を元にしてUSBドライブを作成します


(図3−11)
Packageのエイリアス

Packageのエイリアスを削除


(図3−12)
Packages をコピー

InstallESD.dmg の中にある Packages フォルダをコピー


(図3−13)
起動ディスクの選択

作成したUSBドライブを起動ディスクとして選択し、Macを起動します


→ 次は Windows のインストールUSBドライブを作成