軽いことと取り回しがしやすいのがメリット

 

       何が入ってるかが分かるような張り紙をしておこう


お米の保存には密封できるもので冷暗所に保存が理想です。それは虫と湿気と熱と光を避けるためです。今回ご紹介するのは、取り回しに便利な保存法です。

写真にあるフルーツグラノーラの袋が、チャック付の内側アルミ蒸着加工だったので迷わず再利用しました。

まずは洗って乾かしましょう。準備OKならすぐにボールやおわんを使って、買ってきた袋からお米を入れ替えていきます。

容量ですが、この袋で2Kg弱入りますが、パンパンにはしないでおきましょう。ちなみにこの袋はフルーツグラノーラ800g入りです。

 

 四角に近い形になってくれるので、収納もしやすい


こういう袋の良いところは、軽いことと取り回しがしやすいことです。持ちやすいし、四角に近い形になってくれるので、収納もしやすいです。ただ何が入ってるかが分かるような張り紙はしておいたほうが良いと思います。

チャックをしっかりと閉めたら冷暗所に保存しましょう。この大きさなら冷蔵庫でもいいかと思いますが、我が家では棚に入れました。みなさんも使えそうな袋が出てきたら是非お試しください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。