文化が交わるイスタンブール

トルコの北西側に位置するイスタンブールは、ボスポラス海峡をはさんでアジアとヨーロッパにまたがる都市です。かつては、ローマ帝国、ビザンティン帝国、オスマン帝国の首都として栄え、歴史的な建造物も多く残されており、旧市街地の歴史地区は世界文化遺産にも登録されています。

モスクや宮殿、教会、博物館など見どころが多く、ヨーロッパや周辺の中東諸国からの観光客も多く訪れます。市内はトラムやメトロが整備されており、個人でも旅行しやすい都市です。 また、バザールやショッピングストリートでのお買い物や、世界三大料理の一つと言われるおいしい食事も楽しむことができます。

市内を一望できるガラタ塔 

ガラタ塔の夜景

写真1.ガラタ塔

今回から3回に渡ってイスタンブールの夜景スポットをご紹介しますが、市内の夜景を一望するにはガラタ塔がおすすめです。ガラタ塔は、新市街地のカラキョイ地区にある石造りの塔で、灯台として建設され、その後は刑務所や天文台としても使用された時期もあるそうです。

最上階はバーレストランになっており、夜はベリーダンスなどのショーが行われるそうです。中央に舞台があり、高い天井からは大きなシャンデリアが下げられています。(写真2)

 

ガラタ塔のバーレストラン

写真2.展望フロアにあるバーレストラン

展望デッキはレストランの外の細い通路で、一度に大勢入れないため、夏場の観光シーズンや夕暮れの時間帯は展望フロアに上がるまでに時間がかかります。

塔はそれほど高くありませんが、丘の上にたっているため、ボスポラス海峡沿いの夜景や旧市街地のモスク(トルコ語ではジャーミイ)が点々とライトアップされている様子が一望できます。(写真3)

ガラタ塔から見た旧市街地

写真3.ガラタ塔の展望台から見るガラタ橋と旧市街地の夜景

次のページでは、ガラタ橋との夜景をご紹介します。