カフェインの効果

つまらない会議の前や長時間の運転の時などは、眠気を飛ばして頭をスッキリさせるために、カフェインをとることがあります。カフェインは、目覚めている時間に比例して脳にたまってくる睡眠物質をブロックして、眠気を感じにくくしてくれます。

本当は、必要なだけグッスリ眠るとか、いらない会議を止めるとかの抜本的対策が必要ですが、手軽にとれて効果も高いカフェインも手放せません。今回は、コンビニエンスストアで買えるミニボトルのカフェイン入り飲料を3種類、ご紹介します。

なお、妊婦さんや授乳中のお母さん、子ども、体調が良くない方、カフェインに敏感な人は、飲むのを控えてください。また、一度にたくさん飲むと体調をくずすことがあるので、止めておきましょう。

「ブラックブラック〈スパークリング〉」 ロッテ健康産業株式会社

ブラックブラック

ブラックブラック<スパークリング> (ロッテ健康産業株式会社)

刺激系ガムの定番「ブラックブラックガム」の新しい仲間として、今年5月から発売されています。「お前はもう眠気スッキリ!」のキャッチフレーズで、20~50歳代の働く男女をメインターゲットにした商品です。

「ブラックブラック〈スパークリング〉」には、カフェインやガラナエキスなど、「ブラックブラックガム」と同じ種類の成分が含まれています。さらに、トウガラシ抽出物やミントといった刺激成分が入った炭酸飲料です。

飲んでみると、まず感じるのがミントの清涼感とコーラの味、そして炭酸の刺激です。ゴクッと飲み込むと、のどから食道、胃にかけて、トウガラシエキスによると思われる温かさを感じます。そして、時間とともに体全体が温かくなって、頭がスッキリしました。会議前や運転中、残業のときなどにお勧めです。

■「ブラックブラック〈スパークリング〉」商品概要
内容量:100mL
原材料:ぶどう糖、ガラナエキス、デキストリン、菊花エキス、イチョウ葉エキス、カフェイン、ニコチン酸アミド、ビタミンC、香辛料抽出物など
栄養成分:エネルギー 26kcal、カフェイン 100mg、ガラナエキス 3.5g、ぶどう糖 5gなど
想定小売価格:180円(税込)

眠眠打破」 常盤薬品工業株式会社

眠眠打破

眠眠打破 (常盤薬品工業株式会社)

「この瞬間を頑張りたい人のために」のキャッチフレーズでおなじみの、「眠眠打破」シリーズには3種類のドリンクがあります。

定番の「眠眠打破」は、本格派のコーヒー味が売りです。小さなボトル1本に、カフェインがコーヒー2杯分も含まれています。コーヒー味が苦手な人にお勧めなのが、「眠眠打破 濃抹茶味」です。カテキンなど抹茶や緑茶からの抽出物が含まれているので、飲みやすくなっています。

シリーズ最強の濃コーヒー味が、「強強打破」です。負けられないその瞬間に飲んでください。「眠眠打破」の成分に加えて、滋養強壮に効くといわれるガラナや高麗人参、ナルコユリのエキスが含まれています。

「眠眠打破」のサイトでは、もっとおいしい飲み方を紹介しています。他の飲み物をちょい足ししたり、食べ物と一緒にとったりすることで、新しい味わいが楽しめます。牛乳やサイダー、バニラアイス、ふがし、ショウガ、生玉子、ピーマン、きな粉もちも合うそうです。一度、試してみてはいかがでしょうか。

■「眠眠打破」商品概要
内容量:50mL
原材料:果糖ブドウ糖液糖、コーヒーエキス、菊花抽出物、カフェイン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB1・B6・B2など
税込価格:315円

メガシャキ」 ハウス食品株式会社

辛みやレモン風味を引き立てて、さらにスッキリ飲みやすく改良された「メガシャキ」が、今年7月から発売されています。

特徴的なのは、カフェイン飲料とは思えない香りと色です。キャップを開けると、ショウガとレモンの香りが漂ってきます。ボトルから直接飲めば気が付きませんが、ドリンクの見た目はレモンスカッシュにそっくりです。

飲み込んでもすぐには、ショウガやトウガラシの刺激をあまり感じませんでした。しかし、しばらくたつとお腹のあたりから温かくなり、頭もシャキッとしました。

■「メガシャキ」商品概要
内容量:100mL
成分:エネルギー 55kcal、香辛料抽出物(ショウガ・トウガラシ)、カフェイン 100mg、アルギニン 500mg、ビタミンB1 2.5mg、ビタミンB6 1.5mg、ナイアシン 15mg
価格:200円前後

【関連サイト】
これでバッチリ! 仕事中の眠気解消にお勧めのワザ
眠気対策の切り札・カフェインはいつ摂るのがベスト?
眠気のコントロール法
睡眠ガイドの facebook ページ
1分仮眠法



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項