PSVitaの実力がためされる年末商戦

PS3とPSPとPSVitaの図

兄弟マシンとも言われるPS3やPSPとの関係に苦しめられるとはどういうことでしょうか?

2011年末、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)から鳴り物入りで発売された新型携帯ゲームハードPlayStationVita(以下PSVita)。もうすぐ2回目の年末商戦を迎えようとしています。発売から1年経っての年末商戦となると、新商品としての話題性で売れていいく発売当初とは状況が変わり、ゲームコンテンツの質が吟味されて、このハードで遊びたいゲームがあるというユーザーを捕まえなければなかなか伸ばすことができません。

その実力が試される大事な商戦期、ですが、PSVitaの現状はと言うとかなり苦しい状況にあるようです。苦戦の理由はいくつか考えられますが、そのうちの1つは、同じくSCEから発売されているゲームハード、PS3やPSPとの関係というのが考えられます。ライバルハードのニンテンドー3DS(以下3DS)ならいざしらず、なぜ仲間であるはずのPS3やPSPとの関係で苦戦するのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。PSVitaの現状、そして大事な年末商戦と2013年以降の展望も少し絡めて、お話してみたいと思います。

100万台到達したPSVita

PSVita

100万台到達はとても嬉しいことですが、ここまでの道のりはかなり苦しいものでした

PSVitaの現状はと言いますと、ちょうど普及台数が100万台に到達しました。100万台に到達したことそのものは大変に喜ばしいのですが、他のハードの100万台到達の数字と比べてみますと、かなり苦しい状況なのが浮き彫りになります。100万台到達までどのくらいかかったかを各携帯ハードの数字を出してみますと、圧倒的普及台数を誇ったニンテンドーDSはたったの1ヶ月。発売直後苦戦が度々報じられた3DSは約3ヶ月。PSVitaの前世代機にあたるPSPはというと、こちらも約3ヶ月。じゃあPSVitaはというと発売から約10ヶ月程かかっています。

ちなみに、3DSが1万円の値下げに踏み切ったのが約130万台位の頃で、発売から半年経たずというタイミングの2011年8月でした。なぜこのタイミングだったかというと、それまでの3DSの状況を覆して年末商戦を戦い、ひいては2012年以降の展開をよくしていくためには早めの値下げをしておいて、年末にはスーパーマリオ3Dランドなどのキラータイトルをぶつけることで勢いをつける、という狙いがあったからです。その狙いは見事に的中して、2012年の3DSは非常に好調に推移しています。

PSVitaはというと、2012年9月に行われた日本最大のゲームイベント、東京ゲームショウでも発表がなかったことから、おそらく近日中に本体価格が値下げされる可能性は低く、このまま年末商戦に突入することが予想されます。ということはこれからのタイトルラインナップのインパクトだけで勝負するということになるのですが、そこでPS3やPSPとの関係が問題になります。