予備として1個余分に買ったのはいいけれど場ふさぎで邪魔。それでも、あってよかった経験もあるのでは? 使わないときにはたたんでしまえる収納グッズなら、フレキシブルで助かります。そんな便利な収納の選び方について、タイプ別にガイド所有のものを使ってご紹介します。


つぶせるソフトケースなら気軽に使える

無印良品の収納用品

無印良品の定番商品のほかには3coinsのものもある

たためる収納グッズで最も手軽なものは、クシャっとつぶせばフラットになるタイプです。素材は布製のものが殆どで、コーティングされているものなら洗面所でも使えます。脱衣籠として、入浴時や寝室での着替えのときにいかがでしょう。

収納ボックスを置くと室内が狭くなるからイヤという人にはピッタリです。使うときだけパカっと広げて、使わないときには隙間に差し込んでおくという手軽さが魅力。ファスナーでフタのできるタイプなら、季節外の衣類や寝具などをしまうこともできます。


折りたためて仕切りにも使える

IKEAの収納グッズ

ナイロン製ならキッチンや洗面所でもOK

これは使えそうと思って収納用品を買ってはみたものの、上手く使いこなせないまま、戸棚に放り込んであるなんてことはありませんか? スクエアな形状で折りたためるタイプなら、意外と使える場面があるものです。

メイク道具、アクセサリー、ソックスなどをまとめておく道具として使ったり、大きな引出しで仕切りケースとして活用したり。意外な使い方としては、カップや小鉢などをしまうのもアリです。使い方がひらめくまではたたんでおけるので、どれを買おうかなと迷ったら、たためるタイプを選びましょう。

たためればなんでもいいと言うわけではありません。実用性も要チェック!