もっと簡単でもっと冴えたやり方は「追加○○」!

このクイズの意地悪なところは「1カ月で2倍」というところです。私が普通の会社員の人に向かってお金の増やし方を説くとき、こんな短いハードルを設定することはありません。少しくらい失敗する余地も残していく必要がありますし、そもそも世の中の平均的な成長スピード以上の増やし方は過剰にリスクを高めるばかりだからです。しかし、対策が何もないか、というとそうではありません。もっと簡単で、もっと冴えたやり方が残されているからです

それは「追加入金」です。

1万円を増やす方法として、「自分のお給料から、1万円を残して、これを口座に入金する」という選択肢もあるのです。お金を増やす、というと株で売り買いするイメージがありますが、実はあなたがお金を稼いで、節約をして残し、それを入金するのも立派な「お金の増やし方」なのです。元本の追加入金を忘れて、とかく最初にいれたお金を売り買いすることに夢中になる人が多いのですが、お金の増やし方において、「追加入金」を禁止する決まりはどこにもありません。

むしろ、上手に資産形成する人は追加入金の重要性を常に意識しています。運用もがんばるけれど、追加入金も着実にしていく人が、上手にお金を増やせるのです。

あまりにも当たり前であるからこそ、
忘れないでおきたい「追加入金」

追加でお金を入金し、積み立てるということを、私たちはあまりにも当たり前過ぎて忘れてしまいがちです。ですから、ほとんどの人は最初にクイズを出したとき、それをいかに「売り買いして増やすか」と考えてしまいます。そこに落とし穴があったわけです。

実はこのクイズには「1万円」という引っかけもあります。100万円を200万円に増やすのであれば1万円の積み立てという力だけでは足りません。今回はあえて、追加入金の意味を考えてもらうために「1万円を1月で2倍にする」という設定にしています。

しかし、あなたの資産が100万円になったときも、1000万円になったときも「追加入金」が確実に資産増を実現してくれるということは変わりません
リスクを取らずともよく、元本割れの心配をせずお金が増える手段が「追加入金」なのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。