ミントで手元の石鹸をリメイク 

 

 

夏場はミントの爽やかな刺激が心地よい季節です。市販のボディソープやシャンプー、入浴剤などもスーッとするタイプのものが増えています。せっかくミントが庭にあるなら、ミントを細かく刻んで、手元の石鹸をリメイクしましょう。

サンプルでもらった小さな石鹸や、使うのが難しくなった小さくなった石鹸を集めて可能な限り細かく刻む。そこに刻んだミントを加え軽く混ぜ、少量の水を足して容器に強く押し込み、固めます。

牛乳パックの底の部分や、破って取り出せる紙コップなどの容器がオススメです。写真は、薬の瓶のフタにラップを敷いて、そこにギューギューと詰め込んで整えたものです。ゲストソープ程度の大きさならこの作り方もアリです。

形が整ったら型から取り出し、自然乾燥して(大きさにもよりますが、風通しのいい場所に1週間~1カ月くらい放置しておくとベターです)出来上がり。

ちょっといびつな形にはなりますが、十分立派な石鹸です。これで洗うとミントの葉がスクラブになるだけでなく、メントールの爽やかな刺激で気分もリフレッシュできます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。