福岡の道の駅むなかたのレストラン おふくろ食堂はまゆう

2008年に開業して以来、多くの観光客や地元の人が通う道の駅むなかた。宗像は福岡市と北九州市の中間にある町で、この道の駅むなかたでは玄界灘で採れた新鮮な魚介類が手に入るとあって、多くの買い物客が訪れます。なんと2012年3月には来場者数600万人を超えたそう。

なかでも私のおすすめは、カフェテリア方式でいただくレストラン「おふくろ食堂はまゆう」です。とにかく地元の食材にこだわり、地元ならではの漁師料理や農家料理が堪能出来ます。ずらりと並んだごちそうは、「あれも、これも!」とついつい欲張りになってしまいます。刺身、メイン料理は1皿300円ほどとお手頃。好きなものを好きなだけ食べることが出来るという点も嬉しい。宗像大社からも車で5分程度ですので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■道の駅 むなかた
レストラン おふくろ食堂はまゆう
住所:福岡県宗像市江口1172
TEL:0940-62-2715
営業時間:11:00~16:00(オーダーストップ:15:30)
店休日:毎月第4月曜日、お盆、年末年始
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/munakata/munakata.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。