長崎の美しい夕日スポット「道の駅 夕陽が丘そとめ」

 

 

長崎市内から海岸線を車で約40分の場所にある「道の駅 夕陽が丘そとめ」。その名のとおり、夕日がとても美しく見れるスポットです。駐車場の隣には地元で採れる野菜や、ド・ロ様そうめんなどの土産品店、レストランが併設しています。また、ここ外海は、遠藤周作文学の原点と目される小説『沈黙』の舞台となった場所です。そのため、遠藤周作文学館が併設しており、遠藤文学に関わる収蔵資料が展示されています。

そして、半島の一番先にある展望台から見る夕日はとてもロマンティック。少しずつ海に隠れていく夕日が雲に反射して、金色の風景が一面に広がっていきます。恋人や家族とドライブするには最高の場所です。

住所:長崎県長崎市東出津町149番地2
電話:0959-25-1430
アクセス:長崎市街地より国道202号 33km
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/sotome/sotome.html



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。