重厚な雰囲気と共に味わいたい「松翁軒」のカステラ

 

 

長崎銘菓「カステラ」は遥か昔から日本人い親しまれているお菓子です。当時カステラはスペインに古くから栄えたカスティラという王国のパンとして長崎に紹介され、その後、由来となる「カステラ」という名前だけを残し、長崎で独自に作り続けられています。

卵がたっぷり練り込まれた生地はフワフワで優しい甘さが口の中に広がります。また、ざらめの食感を楽しめるのがカステラの魅力。その美味しさは現代も昔も変わることなく、かの有名な坂本龍馬が慶応三年に長崎で組織した「海援隊」の日誌に、カステラ仕様の項目が残されているそうです。

長崎県にたくさんのカステラ屋さんがありますが、「松翁軒」2Fの セヴィリヤでは老舗独特の重厚な雰囲気の喫茶ルームで美味しいカステラが頂けるのでオススメ。セヴィリヤは落ち着いたクラシカルなインテリアが楽しめ、素敵な空間で食べるカステラは格別。窓の外には市電も走っており、長崎市を楽しみながら、美味しいコーヒーと一緒にぜひ召し上がって下さい。

■松翁軒 本店/2F喫茶室 セヴィリヤ
住所:長崎県長崎市魚の町3-19
Tel:095-822-0410
営業時間:9:00~20:00 
定休日:年中無休
地図:Yahoo!地図情報

セヴィリヤ(2F喫茶室)
営業時間:10:00~20:00(オーダーストップ PM7:30)
定休日:月曜日
HP:http://www.shooken.com/index.html

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。