■お店の名称
豚みそ丼発祥の店 お食事処 野さか

■料理の名称
豚みそ丼(並盛 850円、大盛 1050円、特盛 1500円)

■お店のデータ
住所:埼玉県秩父市野坂1-13-11
アクセス:西武鉄道 西武秩父駅から徒歩約3分
※駐車場20台
電話:0494-22-0322
営業時間:平日 11:00~15:00、土日祝 11:30~15:30 (ラストオーダー 15:00)
※豚みそ漬けがなくなり次第終了
定休日:なし
URL:http://www.butamisodon.jp/

■おすすめ理由
秩父に行ったら食べておきたいのが、豚みそ丼。野さかでは、地元の豚肉を使い、自家製みそに漬け込み、備長炭で焼き上げています。お米は富山産のこしひかりを、秩父のきれいな水で炊き上げているそう。

豚肉は、焦げ目がついた厚切りのバラ肉とロースが2枚ずつ(並盛の場合)、ごはんの上に並べてあります。味噌漬け肉なので肉に味がついているのですが、さらに自家製の醤油だれがかかっています。この醤油だれが、アクセントになっていて、ごはんがすすみます(というか、ごはんが足りなくなる恐れが!)。

並盛とはいえ、女性には結構なボリュームでした。バラ肉は、炭火焼なので脂が少し落ちているのですが、脂が苦手な方はバラ肉抜きの「レディース丼(850円)」がおすすめだと思います。

春から秋の週末は、ツーリングで秩父を訪れるライダーでたいへんにぎわっているようです。私が訪れた際は、開店前に到着したにも関わらずすでに行列ができていて、入店まで30分かかりました。時間に余裕を持ってお出かけください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。