日本のビバリーヒルズ、奥池

okuike

 

奥池は芦屋市内にある池で、直ぐ隣にある奥山貯水池とともに芦屋市民の水源になっています。芦屋川が流れ出す源流でもある。六甲山腹標高500mにある清冽な水の池で、野鳥の宝庫となっており、ゴロゴロ岳へと続くハイキングコースにもなっている。冬には積雪もあり、大都会に近い高原リゾートです。

池に隣接する住宅地は、日本のビバリーヒルズと称され、高級住宅地で知られる芦屋でも最高級。一切の商業施設の開設ができない、豪邸条例が適用されています。

しかも、奥池地区に入るには、芦有ドライブウェイという有料道路を通らなければならず、芦屋市街から片道400円かかります。路線バスもありますが、たいがいの住民は通行定期券を買って、市街まで出て通勤、買物などの用事を済ませています。車を使えば10分くらいで駅前と、近いですが。

奥池は六甲の自然と、山腹のリゾートで庶民では考えられない生活を送る人たちのライフスタイルを垣間見る、貴重な場所なのです。

■奥池
所在地:兵庫県芦屋市奥池町、奥池南町
アクセス:
JR芦屋・阪神芦屋・阪急芦屋川から阪急バス、有馬駅前経由山口営業所行きまたは芦屋ハイランド行きで奥池下車
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。