海外ボランティア
ボランティアとして介護施設で働く。
海外で働く経験をしてみたい方にとって、インターンシップという形で「研修」をする以外に「ボランティア」として活動をする海外ボランティアも人気があります。

「語学研修をするだけでなく現地の人と交流する機会がほしい」という方や「勉強プラスα」で何かしたいと希望する方にはオススメです。

ボランティアの参加スタイルは様々で、放課後の数時間や休日だけにボランティアをするケースもありますし、ずっとボランティアをやる場合も1~2週間の短期から1年に渡る長期まであります。

海外ボランティアの魅力

海外ボランティアの魅力は比較的気軽に参加ができるということとコストが安いということでしょうか。留学をする場合には当然授業料などの費用がかかってきますし、企業でインターンシップをする場合は語学力や経験などを問われる場合もありますが、ボランティアの場合はそれらのハードルがほとんどありませんので、より気軽に参加が可能です。

また、海外ボランティアは同じような興味を持った人同士が交流するケースも多いため、言葉の壁を越えて交流が深まる可能性が高まります。

それに、現地の人や様々な国からきた人たちと一緒にボランティアをする場合などは、語学力を鍛える場としても有効です。

海外ボランティアの種類

ボランティアと言ってもいろいろなボランティアがあります。例えば、動物保護ボランティアや環境保護ボランティア、地域活動ボランティアなどから社会福祉関係、教育関係など、自分の興味によって選ぶことができます。もちろん、選ぶ際はどの程度の語学力が求められているか、事前に経験や知識は必要なのかをチェックしてから探しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。