滝を見せるためにあるかのような、趣きある空間「白布大滝」

 
山形のおすすめスポットといえば「白布大滝(しらぶおおたき)」を挙げます。

山形と福島の県境にある吾妻山から流れ出る最上川の源流。その清流の中でも大きな見所がこの白布大滝じゃないでしょうか。落差は30m、幅は5mくらいです。初夏の雪解けの頃には水量が多くかなりの迫力になります。滝を見せるためにあるかのような空間、2段に分かれた趣きを是非見に行ってください。また5月の始めに訪れた際には、まだ残雪があり、相当の涼しさでした。かたや、ふもとの米沢の町には桜が咲き誇っていたのがまた印象的でした。

白布温泉の宿から歩いていける距離というのも魅力的。ただ、アスファルトの道路から山道に入って降りていくなかなか険しい道のりですので、お子様連れの方は要注意です。運動靴はマストですよ。米沢の駅から車で40分くらい行き、白布大滝への山道の入り口から徒歩10分で滝つぼに到着です。温泉街にも是非立ち寄ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。