写真のタイトル
いつから留学するのがいいだろう?
30代や40代以上の留学希望者とお話をすると、必ずと言っていいほど、「高校の頃から留学に憧れていたんです」とか、「本当は大学時代に留学したかったんですけどね」「いつか留学したいと思っていたんですよ」という声を聞きます。また、ご自身の留学ではなく、お子様の留学を相談にいらっしゃる親御さんからも、「本当は私が留学したかったんですけど、あの当時はあまり留学というのも考えられなくて……」なんて声を聞くことがあります。

そういう声を聞くたびに、人生の一時期を「海外で過ごす」「海外で学ぶ」ことは多くの方にとって夢や憧れなんだなぁと感じます。でも、実際に長期間の留学を実現した人の数は、イメージほど多くないようにも思います。留学したいと思っていても、親に反対されたり、留学の資金が足りなかったり、タイミングが合わなかったりなどなど、様々な理由で留学できなかったり、先延ばしにしたり、ということで、結果的に憧れだけで終わってしまったということがあるのです。

だからこそ、もし、留学するチャンスがあれば、ぜひそのチャンスを逃さないようにしてください。

ここでは、中高生、大学生、社会人の3つのケースでいつからどんな留学プランがあるかを考えてみたいと思います。

中学・高校留学のプランについて

中高生が長期留学をする場合、次の2パターンが考えられます。
1.日本の学校を休んで1年間留学をする
2.海外の高校を卒業する目的で留学する

1は日本の学校から休学許可をもらったり留学許可を取って参加しますから、義務教育期間中である中学生は一般的には参加しません。また、高校3年生になると大学受験等もありますので、高校1~2年生の間に参加する方が多いです。

2は中学1年生からでも高校3年生からでも参加できますが、一番良い開始時期としましては、高校1~2年生くらいからではないかと思います。留学生は言葉のハンディがありますから、いきなり現地のクラスについていき、良い成績を取ることは大変です。そのため、高校の後半から留学をして、言葉で苦労をしながら、それなりの成績を維持して卒業単位を取るというのは難しいのです。また、最後の1年間だけで卒業させてくれる高校ばかりではないので、1学年落として入学したり、もう1年高校生活を送る方もいらっしゃいます。

だからと言って、あまり早い時期から留学する方がよいのかと言えば、それも難しい点があります。親元を離れて海外で生活をすることは、知らず知らずのうちに様々なプレッシャーがかかってきます。そのプレッシャーの中で留学生活を続けていくには、やはりそれなりに精神的な強さや成熟さが要求されるのです。もちろん、中学生でも楽々と留学をしている方はいらっしゃいますが、上記の理由で誰でも中学生から留学ができるかというと難しいと思います。

あとは、各国それぞれ教育システム・制度が異なりますので、どこに留学をするかによっても、留学開始時期としてベストなタイミングは多少異なります。

大学生が留学する場合の留学プラン

写真のタイトル
いつかは留学したい
大学生が長期留学をする場合次のようなパターンが考えられます。
1.高校卒業後に大学留学(卒業目的)
2.日本の大学を中退または短大を卒業後に大学留学(卒業目的)
3.日本の大学を休学して大学留学(1年間~)

大学生はどのパターンで留学をしても、いつから留学してもいいと思います。むしろ怖いのは、留学しようしようと思いながら、そのタイミングを逃してしまうことです。高校卒業後からすぐに海外留学を目指す場合は別ですが、一度、日本の大学に入学をしてしまうと、サークル活動やバイトなどが楽しくて(忙しくて)、心の中では留学したいとは思いながらずるずると月日が経ってしまうことがあります。そして、気がつくと就職活動をする時期になっていたり、「やっぱり、留学は一度社会に出てからでもいいかなぁ」なんて思い始めたり。(思い当たる方、いらっしゃいませんか?)

大学時代は期間が限られていますから、いつ留学をするのがよいか考えて、じっくり&しっかり準備していきたいですね。

社会人が長期留学をする場合の留学プラン

一度、社会に出てしまえば、タイミングは個々人のタイミングです。いつがいいというものはありません。でも、一つだけ言えるとすれば、思い立ったときに留学しちゃう!ということではないでしょうか。

人生、何が起こるか分かりません。自分の都合だけでなく、家族や恋人の都合、会社との関係などなど、自分ではどうしようもないことで留学に踏み出せないことなども出てくるかもしれません。周りのことや将来のことをいろいろ考え始めたら、なかなか一歩が踏み出せない。そんな社会人にとってベストな留学開始時期は「思い切って行っちゃえ~!」と思ったその時なのかもしれません。

でも、本当に行きたければ、何歳になっても遅すぎることはありませんよね。私の知っている方でも60歳を過ぎてから、奥様と一緒に長年の夢だった留学に参加した方がいらっしゃいます。Never too late(遅すぎることはない)です!