秋田のイメージを覆す衝撃の稲庭うどん「佐藤養助総本店」

 
秋田のおすすめグルメといえば「佐藤養助総本店」の稲庭うどんを挙げます。

父の実家が秋田にあり、その影響からなんとなく「秋田は塩辛い物が名物」というイメージがありました。なので、初めて稲庭うどんを食べた時にはその上品な味に驚愕してしまいました。関西風のマイルドな出汁が効いたつゆに、つるつるとした極上で独特の腰のある麺は、京都名物が東北に飛んできたのかと思う程のカルチャーショックでした。

私の友人にも勧めた所、その方の義父が秋田出身との事だったのですが、一緒に旅行した旅先で大感激したとの事で、勧めた私にも乾燥麺を買って来てくれた程でした。秋田を知っていればいる程、それまでの秋田のイメージを覆してしまう、上品で高級な味の虜になってしまうようです。

私はせいろを注文しましたが、妻が注文した「味くらべ」(1100円)の方が、温かいうどんとせいろを同時に味わえるので、お勧めです。うどんにしては値が張りますが、手作りでしか再現出来ない独特の腰のある味わいに、納得出来るに違いありません。なお、銀座や日比谷や福岡にも支店がありますので、どうしても秋田県に行く機会が無い方は、お近くの支店でどうぞ。

■佐藤養助総本店
住所:秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
TEL:0183-43-2911
営業時間:11:00~17:00(食事)
定休日:年末年始
アクセス:湯沢横手道路湯沢ICから車で約15分
URL:http://www.sato-yoske.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。