青い湖水に映える、金色に光り輝く美しい像

 

 

水深423.4メートルと日本一の深さを誇る不凍湖 田沢湖のシンボルがたつこ像です。普通、銅像は湖畔にあると思いますが、たつこ像は田沢湖の水中にあり、その周辺が浅瀬になっていて、魚が見える程の美しさ。金色に光り輝くたつこ像は青い湖水に映えて、晴天時は感動的な美しさで、見とれてしまいます。

隣接して遊覧船の桟橋があるのですが、船が接近すると大きな音でクラクションを鳴らします。実は船の接近と同時に大きな波が来るので、湖畔でたつこ像に接近して見ていると、足元に波がかかってしまうのです。慌てて逃げるのも思い出になりますが、高台の道路沿いからの見学が安心です。

■田沢湖 たつこ像
住所:秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻
電話番号:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)
アクセス: JR田沢湖駅より羽後交通バス「潟尻」下車
公式HP: http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_tatsukozou.html

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。