囲炉裏がある古風な部屋で江戸時代の雰囲気を満喫

 

 

鶴の湯温泉は日本を代表する秘湯で、テレビ番組などでも何度も日本一に選出されている宿です。門に向かって左側の「本陣」と呼ばれる宿泊棟は、江戸時代にお殿様が湯治した際の、警護の者の詰所だった所。それを改修して、今なお宿泊棟として利用しているだけでなく、その後に建築した建物や浴場も、本陣の風情を損なわないよう古風なので、鶴の湯全体が江戸時代の秘湯風情を彷彿とさせるのです。

「本陣」は古風な部屋ですが囲炉裏があって、夕食の鍋や魚を熱いまま頂けます。江戸時代の雰囲気を満喫して、二食付き税込 9,600円ですから、一番人気の客室なのも頷けます。他に写真にも掲載した近代的な客室(新本陣,東本陣)もあり、それでも 12,750円から泊まれますし、六畳一間のこじんまりとした湯治棟2,3号館なら二食付き税込で 8,550円と格安です。
 

 

 

 

乳頭温泉郷の手前には田沢湖高原温泉郷があるのですが、そこの立派なホテルに泊まっているお客さんも、宿の送迎車で鶴の湯や黒湯など、秘湯風情が素晴らしい温泉に日帰り入浴する姿を頻繁に見かけます。また、露天風呂に浸かっていると「やっぱり泊まりたかったなあ」とつぶやいている人も居ます。日本一有名なのに、一万円前後と破格の安さなので当然大人気で、夏の週末を中心に予約困難な宿でもあるのです。

しかも、格安な料金ながら素朴な手料理が美味しく、名物の山の芋鍋も最高の旨さなのですから、田沢湖まで来て空室があれば、絶対に泊まって頂きたい宿です。

■乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
電話番号:0187-46-2139
アクセス:www.tsurunoyu.com/FONDMENT/t-ko-tu.html
HP:www.tsurunoyu.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。