restaurant

パドールのレストラン

2012年7月24日、僕はキエフの旧市街のパドールにあるレストランで、Lavikaのメンバー、ルーバ(ヴォーカリスト)、ヴァーニャ(マルチインスルメンタリスト)、アレックス(ギタリスト)と待ち合わせ。一緒にLavikaの所属するMoon Recordsのカーチャとアリーナも来てくれました。レストランの地下に行くと、ソ連時代を思わせるレトロなインテリアが出迎えてくれます。

 
interview

ルーバ(左)とヴァーニャ(右)と一緒に

3人とも英語で話してくれたので、通訳なしで会話することができました。ロシア語を勉強中ですが、到底インタヴューできるレベルではありません。右はインタヴュー後の写真ですが、途中でアレックスが用事があって帰ったので、ルーバとヴァーニャとのショットです。

Lavikaとは愛

ガイド:
Lavikaはグループ名ですよね。同時にルーバの名前でもある。合っていますか?

ルーバ:
バンドとしてLavikaを結成する前、私はソロシンガーだったの。私の職業的興味は心理学、そして二つの職業を混同させたくなかったの。ルーバ・ユーナック(Luba Yunak)は私の本名で、シンガーとしてLavikaと名付けたの。でも二人の男性が加入した時、バンド名となったわ。

ガイド:
Lavikaという言葉は翻訳できませんでした。Lavikaの意味は?

ルーバ:
私たちの音楽は愛のプロセス。Lavikaは私たちの想像上の言葉で、愛を意味するの。

ガイド:
lavikacd

Сердце в форме солнца

Lavikaのデザイン(ジャケ参照)はとても神秘的ですね。何を伝えようとしているのですか?

ルーバ:
私たちのシンボルはドリームキャッチャー。愛の魔術のようなもの。中心には音楽があるの。私たちの愛をみんなと共有したい。

Lavika結成秘話

ガイド:
3人はどのような経緯で出会って、Lavikaとして活動するようになったのですか? 各々とっても個性的で、あなたたちはクラスメートみたいには見えないのですけど(笑)。

アレックス:
lavika1

ヴァーニャ、ルーバ、アレックス

僕はバンドの一番新しいメンバーで、まだ加入して1年も経たないんだ。バンドはルーバと彼女のパーソナリティを中心に作られたんだ。彼女がバンドとしての活動を考えると至らない時期もあったけど、1年半くらい前からグループとしての編成で、クリエイティビティを持ち寄って音楽を作るようになったんだ。

ヴァーニャはマルチな楽器奏者で、音楽の演奏、制作、作曲にも豊富な経験があるので、サウンド的にはリードする役目。僕はヴァーニャとしばらくの間、楽器店で一緒に楽器を売っていたんだ。そこで僕たちは会ったのさ。彼はその仕事を辞めていたんだけど、1年半ぐらいして、「僕たちはバンドをやっているんだけど、入るかい?」って電話があったんだ。もちろん、喜んで誘いに乗ったよ。

ルーバ:
ヴァーニャはストリート・ミュージシャンもしていたの。キエフのみんなは、彼と彼の音楽を愛していたわ。

ガイド:
ストリート・ミュージシャンの活動が行われる典型的な場所ってあるんですか?

ヴァーニャ:

マイダン(独立広場)というキエフの中心だよ。

ルーバ:
彼は全ての楽器の演奏に長けていたから、多くの若者たちが彼の音楽に聴き入っていたわ。

ヴァーニャ:
僕の人生にとってはとても面白い時期だったよ。そこから成長した。

ガイド:
ルーバ、ヴァーニャはどのようにして出会ったの?

ルーバ:
彼のことは長い間知っていたけど、こんな風にかかわり合うことになるとは思わなかったわ。彼が最上のミュージシャンということは知っていたけど。