キッチン収納のナイスポイント2

キッチンにいるときには、子どものことを気にしながらの作業になります。Yさん宅のキッチンは、調理台に立ったときしかリビングダイニングが見通せません。効率よく調理を進めるには、道具の収納が肝心。Yさんは、レンジまわりにキッチンツールを上手に整理しています。フライ返し、ざる、ミルクパンやピーラーなど、普段使いのツールは吊るして収納。鍋やフライパンの蓋はディッシュスタンドに立てて、菜箸やスパチュラは陶器のポットに差すなど、よく考えられた収納スタイルです。
吊戸棚収納とレンジ下収納

モノの定位置が決まっているから手入れも行き届いている

ガスレンジの下には、すぐ使えるように鍋やフライパン、オイルなどを収納。さらに、つっぱり棚をセットして飯台を置くなど、空いたスペースも無駄なく使っています。吊り戸棚では、取っ手つきケースを使ってラベルも貼る。これは収納の基本どおりです。また使用頻度の低い季節ものの鍋や調理器具を戸棚の上段にしまうなど、収納本を見ているような気分になります。

そんな収納上手なYさんの悩みは何? 引き続きキッチン収納を見せてもらいましょう。