金沢21世紀美術館

 

 

石川県の金沢21世紀美術館がオススメです。展覧会ゾーン(有料)と交流ゾーン(無料)で構成されていて、入館料がかかりません。興味のある展示だけ、その入り口でチケットを購入しますが(金額は企画に寄って違います)、我が家は子連れで行って、無料の交流ゾーンでひととおり遊んで満足して帰ってきます。

「交流ゾーン」と呼ばれる場所はいつでも入場無料。気が向いたときにフラリと入れ、気軽に現代を代表する作家たちの作品に楽しむことができます。美術作品を楽しむのは大人だけでなく、子供も交流ゾーンだけで十分楽しめます。

建物に入る前にまず、外の作品で楽しめます。三原色の半円形ガラス板で構成された、うずまきのような作品は、見る場所や太陽の光によって無限に色が変わります。ガラスの向こうとこちらで「変な顔色ー!!」。ラッパに向かって声を発すると、その声は地中の管を通り、別の場所にあるラッパから出てきます。誰かからの声が聞こえるかもとワクワクしながら「おーい!!」。

建物に入ってすぐカフェとショップがありますが、雑貨好きな私はショップでも十分楽しく品物を選びました。作家さんのグッズだけに面白い商品がたくさん!!

毎回子供が喜ぶのは、「スイミング・プール」という作品。外側から一見するとたっぷりと水の入った普通のプールだけど、近づいてのぞきこんでみると、水の下に自由に動き回る人の姿が見えます! 実は、プールに見えていた作品の下部分は自由に行き来ができる空間になっているのです。(下部は有料ゾーンからしか入れませんが。) 驚きと楽しさ。公園とも違う、普段味わえない喜びですね。

ちなみに、休憩コーナーも私のお気に入り。加賀友禅をモチーフにした美しい壁面があります。ロッキングチェアーに座り、鮮やかな世界と緑(屋外の緑が見えるのです)を堪能できる、とても落ち着いた空間です。

この美術館は、街の中心地にあって、敷地を囲む外壁がなくて、美術を楽しんでいる人々の姿が自然と目に入ってきて、美術を知らない人でも、なんだか楽しくなってきます。建物に入らなくても芝生で、外の作品を眺めたり、一休みしたり。子供がいつもと違う世界観に触れられるとてもいい所だと思います。

【施設データ】
金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1丁目2番1号
電話番号:076-220-2800 / Fax:076-220-2802
料金:展覧会ゾーン(有料)と交流ゾーン(無料)で構成されていて、入館料がかかりません。
公式サイト:www.kanazawa21.jp/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。