ニース風サラダ

冷ご飯を利用して、よく「ニース風サラダ」を作ります。本来の「ニース風サラダ」には、茹でた野菜類は入れないらしいのですが、ニース以外のフランスのカフェなどの「ニース風サラダ」には、茹でた「ジャガイモ」か「お米」が入っている事が多いです。私は、茹でたジャガイモよりも、お米を使った方が好きなので、ご飯があまると、このニース風サラダにします。炊きたてのご飯よりも、翌日の、少しパサパサした冷ご飯の方が、このサラダには合うと思います。

■ 作り方
1. サラダに使う野菜類(レタス、トマト、キュウリなど)を洗い、適当なサイズにカットします。
2. ドレッシングを準備します。ボールなどに、オリーブオイル、塩、コショウを入れ、よく混ぜます。さらに、赤ワインビネガーを加えて混ぜます。オリーブオイルと赤ワインビネガーの割合は約3:2ぐらい。
3. 冷ご飯にツナとドレッシングを加え、混ぜます。
4. 器に、野菜類と、3で準備したご飯、ゆで卵、アンチョビを彩りよく盛って、さらにドレッシングをかけて出来上がり。

使用する具は、お好みで。私は、さらに、ケッパーもかけます。冷蔵庫にある野菜と卵、缶詰のツナとアンチョビを利用するので手軽で簡単です。軽めのランチなら、このサラダとバゲットだけで充分。夏場は、冷やした白ワインやロゼとも合いますよ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。