東京湾を横断する唯一のフェリー

解説画像

洋上で夕日に包まれる東京湾フェリー

心地よい潮風に吹かれながらのサンセットクルーズ。首都圏において、それが定期航路でできるのをご存知だろうか。おまけにそれはフェリーだから、愛車と乗り込むことも可能だ。

 
いまや東京湾を横断する唯一のフェリーとなった、東京湾フェリーがそれ。神奈川県横須賀市の久里浜港と、千葉県富津市の金谷港の間、11.5kmを約40分で結んでいる。
解説画像

東京湾フェリーは、三浦半島と内房の東京湾が最も狭まる部分、11.5kmの航路を約40分で結んでいる



都心から90分の久里浜港へ

解説画像

久里浜港乗船ゲート。船はかなや丸、3580t。ほぼ同じ大きさのしらはま丸との2隻が就航中

通常ダイヤなら6時代の始発からから19時台の最終まで、1日14便。乗用車110台、定員580名のキャパをもつ2隻が行き交っている。この夏、サンセットを満喫するなら18時代出発の便がおススメとのこと。

というわけで、まずは久里浜港18時15分発の便を目指すことに。都心から首都高速にのり、湾岸線を横浜方面へ。ベイブリッジを渡って直進し、釜利谷JCTから横道路道路へ。横須賀・三浦方面に進み、佐原ICを目指した。


どこか遠くへと旅立つ気分に

解説画像

2階客席選手側には進行方向を向いて座る椅子席が。GWやお盆には満席になることも

久里浜港は、都心から70km強・約90分、横横道路・佐原ICからは約5km・15分ほどだった。クルマを乗船車レーンに止め、チケット売り場へ。あらかじめホームページの割引チケットをプリントアウトしていけば、1割引になるのがうれしい。

ちなみに片道の自動車航送料金は5m未満の車両で3880円。この航送料金には運転手1名の旅客運賃が含まれている。大人片道の旅客運賃は700円だ。

港に船が接岸。船首の扉が開きクルマが降りきれば、すぐに乗船開始となる。クルマに乗ったまま船に乗り込めば、どこか遠くへ旅立つ気分。11.5km、40分の航路からイメージにしたより船は大きく、ゆったりしていることも旅気分を盛り上げる。車載デッキからキャビンへと階段を上がれば、そこかしこに昭和なディテール。それは観光気分を演出する、いまや貴重なディテールだ。

次のページは、美しい日の入りも鑑賞できる展望デッキについて。