光学12.5倍ズームをさらにパワーアップする超解像技術

EX
プレミアムズームの最高倍率は記録画素数を低くするほど大きくなる

プレミアムズームの最高倍率は記録画素数を低くするほど大きくなる

-ZR300には、コンパクトタイプでは比較的高倍率の光学12.5倍ズームレンズを搭載し、広角24mmから望遠300mmまでカバーしています。しかし、それだけでなく画像合成技術による超解像ズーム「25倍プレミアムズーム」を搭載。なんと600mm相当の超望遠まで解像感を保ったままズームアップできるのです。

さらに多少画質は落ちるものの、50倍までズームアップできるデジタルズームも装備。なんと1200mmまでの超望遠撮影がこれ1台で可能なのです。

 

アーティスティックな写真も簡単撮影!

HDRアートの強弱は、3段階で切り替えられる

HDRアートの強弱は、3段階で切り替えられる

「ハイスピードエクシリム」シリーズの看板機能でもあります「HDRアート」も当然装備。3段階のレベル調整が可能で動画にも対応。より幅広い映像表現を楽しめます。

また、ベストショット内には7種類の「アートショット」機能を内蔵。トイカメラ風やセピア/モノクロ処理など、さまざまなエフェクトをかけられます。

 

使うたびに新たな映像表現が飛び出すアミューズメント・カメラ

キット内容。カメラ本体の充電はUSBケーブルを介して行う

キット内容。カメラ本体の充電はUSBケーブルを介して行う

従来のコンパクトデジカメはどちらかというと「記録」のためのツールで、どんなシチュエーションでも確実に、しかもキレイに撮影することに力を入れてきたように思われます。

EX-ZR300は「EXILIMエンジンHS」の採用により、そんな確実性に関してはほぼ満点。それに加えてハイスピードムービーやHDRアートなど、撮影すること自体を楽しむアミューズメント力を強化した、新時代のコンパクトデジカメといえそうです。

 

Eye-FiおよびFlashAirの機能設定画面。

Eye-FiおよびFlashAirの機能設定画面。

たFacebookやYouTubeなどへの簡単アップロードを実現する、Eye-FiおよびFlashAirどちらの無線LAN内蔵SDカードもに対応しているなど、スマートフォンの領域へもしっかり食い込んでいます。確実な映像記録とアミューズメント性を同時に得られるオールマイティなカメラといえるでしょう。

 

【関連記事】
カシオ EX-ZR300 実写画像

【関連サイト】
カシオ EX-ZR300




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。