新開発のエンジンの実力は

新開発のクリーンディーゼル・テクノロジーを駆使した「YD25DDTi」エンジンで、燃費を大幅に向上させたという

新開発のクリーンディーゼル・テクノロジーを駆使した「YD25DDTi」エンジンで、燃費を大幅に向上させたという

搭載されるエンジンは3タイプ。4ナンバーと1ナンバーの商用車仕様が2リッター4気筒ガソリンと、2.5リッターのディーゼル。乗用車登録のワゴン仕様を選ぶと、2.5リッター4気筒ガソリンエンジンになる。ディーゼルエンジンは排気ガスのクリーン度が足りないため、ワゴン用としては使えない。

売れ筋になると思われるディーゼルのスペックを見ると、ハイエースの144馬力/30.6kgmに対し、129馬力/36.3kgm。最高出力で若干負けているが、トルクで優位。一般的にディーゼルエンジンはトルクで勝負というイメージ。高く評価されているハイエースと同等の実力を持つと考える。

またATはハイエースの4速タイプに対し、NV350が5速AT。燃費ほぼ同じ車重同士の比較するとハイエース11.4km/Lに対しNV350は12.2km/Lで優勢。ATのギア段数の分だけNV350有利なんだと思う。これも実走行テストしないと不明ながら、若干NV350の勝ち程度か。

興味深いのが価格。NV350の売れ筋になりそうなロングボディ『プレミアムGX』で321万7200円。ほぼ同じ装備内容となるハイエース『スーパーGL』の323万1千円を相当意識した価格になっている。シェア独占状態だったハイエースにとっちゃ強敵登場となった。
メーターパネル中央には、燃費を意識した運転を促す燃費表示パネルを搭載している

メーターパネル中央には、燃費を意識した運転を促す燃費表示パネルを搭載している



【関連サイト】
日産 NV350キャラバン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。