100戸前後までのマンションが中心、
数千万円から億オーバーの一戸建ても

マンション建設現場

2013年春、駅から10分圏内で何軒か、マンションの建築計画があり、すでに工事が始まっている現場もあった

まずは分譲マンション。100戸を超す規模のものは少な目で、中心にになるのは20戸から数十戸というもの。人間関係が密になるという意味ではメリットもありますが、管理費、修繕積立金などが高くつくケースもあるので、そのあたりは注意すべき点です。価格は70平米前後になると6000万円~といったところ。もちろん、物件の立地、規模でかなり異なります。

 

古いマンション

善福寺川沿いやバス通り沿いなどでは古いマンションが目に付く

中古物件は1960年代くらいのものから築数年まで幅広く供給されており、古いもので40~50平米とカップル向きの間取りだと2000万円台が中心。古くても70平米前後と広くなると3000万円~。物件数は新築よりは多いので、リフォーム前提で中古狙いのほうがこの街に住める可能性が高くなります。また、2000年以降の物件だと60平米でも4000万円、5000万円となってきます。

 

一戸建て中心の住宅街

敷地の面積でいえば、50~100坪程度の住宅が多く、きちんと手入れされた植栽が印象的でもある

一戸建てでは新築建売住宅は100平米の土地の4LDKで6000万円~7000万円が中心。中古になると1000平米前後の土地に3LDK、4LDKで5000万円~。もちろん、それ以上に広い物件となると、億オーバーの物件も少なくない地域です。

 

不動産会社店頭

学生が多いこともあり、古い木造アパートは意外に多く残されている

賃貸の場合、マンションでワンルームが7万円~、2DKで11万円~、3DKで14万円~。アパートになると1万円以上安くなることもあるエリアなので、お手頃に探すなら、アパートで、築年数を問わずというのが手です。また、価格は16~17万円以上からになりますが、一戸建ての賃貸も比較的探しやすいようです。

 

店の様子

どことなく、洗練された雰囲気のある街、西荻窪。地価、物件価格は高いが、物価はさほど高くはなく、住みやすいはずだ

古いものと新しいもの、自然と文化、歴史などがバランス良く混在する街、西荻窪。散歩の楽しい街でもありますから、ぜひ、一度訪れてみてください。住みたくなってしまう可能性大です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。