アユタヤのデザインホテル

一昔前までアユタヤの宿泊施設と言えば古いホテルかゲストハウスというのが一般的でした。バンコクから車で約1時間半という近さと宿泊施設の少なさから、アユタヤに泊まらず日帰りで訪れ夕方にはバンコクへ戻ってしまう人がほとんどでした。

タイ国内でデザイン性を重視したデザインホテルが増えたのと同時に、ここアユタヤでも同様のホテルが増えアユタヤに宿泊して遺跡の街での散策をのんびり楽しむ観光客も増えてきています。デザインはタイの伝統的建築様式のものから、タイらしさの中にもモダンでヒップな要素を取り入れたものなどなど様々なタイプがあり、どれもお洒落な雰囲気が漂うホテルばかり。値段も比較的手ごろな上、ホテル内にいながらまるで映画のセットの中に身を置いてるような気分も味わえる! 今回はガイドおすすめのデザインホテルを4軒ご紹介します。

すべてがコテージタイプ! アヨハラビレッジ

タイundefinedブティックホテルundefinedアユタヤ

タイの伝統的な高床式の木造住宅に泊まれるのもデザインホテルならでは

アユタヤ中心部から車で約10分の川沿いに建つタイの伝統建築様式のデザインホテル。すべてコテージになっていて、まるでタイの田舎の家に泊まりに来たような雰囲気が味わえます。田んぼと川、おいしげる木々に囲まれた周囲の環境もまさに”タイの田舎”。素朴なコテージでのんびりと過ごしたい人におすすめです。

<DATA>
Ayodhara Village(アヨハラビレッジ)
住所:6 Moo 6,Tambol Baankoh,Phra Nakorn Si Ayutthaya
TEL:03-595-0770
宿泊料金:2500バーツ(約7000円)~

これぞタイの田舎!というロケーション
プルータヤ リゾート & スパ

アユタヤundefinedブティックホテルundefined川沿い

川の流れる音も聞こえてきそうなほど静かで喧騒から離れた場所にある

アヨハラビレッジよりもさらに10分ほど中心部から離れた自然に囲まれたホテル。日々の喧騒から完全に離れとにかく静かな田舎の村に身を置いて癒されたい人にとってはうってつけのロケーション。ホテルの場所が分かりづらいため、あらかじめタクシーかトゥクトゥクの運転手に場所の確認をしておいてください。

<DATA>
Pludhaya Resort&Spa(プルータヤ リゾート & スパ)
住所:12/3 Moo 7 Klongsuanplu, Ampur Pranakornsriayutthaya
TEL:03-570-7565
E-mail:rsvn@pludhaya.com
宿泊料金:3500バーツ(約9800円)~

遺跡観光のアクセスの良さが魅力! アイユーディア

アユタヤundefined遺跡のライトアップ

アクティブにアユタヤを楽しみたい人には最高ロケーション。ホテルから見える遺跡も最高!

アユタヤの中心部にあるタイらしさにモダンさをプラスしたデザインが施されたデザインホテル。夜はホテルからライトアップされた遺跡を眺めることもできます。場所も中心部に近いため夜も屋台が並ぶナイトマーケットなどに気軽に足を運べるのも嬉しい。他のデザインホテルに比べて値段も手ごろで場所も良いためとても人気があります。川沿いでのんびりと過ごしたい、という人向けではありませんが、遺跡、市内観光をアクティブに楽しみたいという人には最高のロケーションです。

<DATA>
Iudia(アイユーディア)
住所:11-12 U-Tong Road, Moo 4, Pratuchai
TEL:03-532-3208
Email:pim@iudia.com
宿泊料金:1250バーツ(約3500円~)

タイらしさにこだわった内装が人気
アユタヤガーデンリバーホーム

アユタヤの中心部から車で約10分の川沿いに建てられたタイ建築様式のデザインホテル。室内の家具やインテリアの内装もすべてタイらしさにこだわったものになっています。ウェブサイトは日本語のページもあり、予約前にすべてのタイプの部屋の画像と日本語の詳しい説明を確認することができるのは嬉しい。

<DATA>
Ayutthaya Garden River Home(アユタヤガーデンリバーホーム)
住所:54 M00 7 Bangkrasun, Bang Pa-In
TEL:03-570-4582
Email:info@ayutthayagardenriverhome.com
宿泊料金:3500バーツ(約9800円)~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。