快適性を損なわず、省エネも実現

日本の住宅では、まだひとつの照明で部屋の隅々まで明るく照らす家が多いようですが、これでは部屋のどこにいても本が読めるような明るさを基準に照明器具が選ばれ、無駄が多くなります。

日本照明器具工業会では、欧米のように光で部屋を演出することを提案しています。好みやシーンによって、明るさや暗さを上手にコントロールすることができれば暮らしに彩りが生まれ、より豊かな雰囲気を楽しめます。

くつろぎ

このように明るさを抑えるとくつろぎ感がぐっと増します

実は、こういった手法の照明に向いているのがLED。消費電力の少ないLED照明を設置し、生活シーンに合わせて必要な点灯の仕方をすることで、快適性を損なわずに省エネすることができるのです。  

例えば、調光機能や調色機能を使って、リビングでくつろぐときはソファの周囲を適度に明るくし、ほかの照明の明るさは控えめに。フロアスタンドのように光源が低い位置にあるものを取り入れて赤みのある電球色で照らし、リラックスした感じにするといった具合です。


 
映像を楽しむときには画面の背後を明るめにできる照明計画を考えて

映像を楽しむときには画面の背後を明るめにできる照明計画を考えて

家族みんなで食事を楽しむときは、ダイニングテーブルの上の明るさを確保するとともに、リビングの明るさはやや抑えて。極端に明るい場所と暗い場所をつくらず、明るい雰囲気を演出しましょう。また、テレビを見るときには、テレビ画面の背後を明るくしてまぶしさを抑えると見やすくなります。このように、上手に調光することで、さらに省エネにつながりますよ。

子ども部屋では何をするかによって、光の色を使い分けてください。勉強したり、本を読む場合は昼白色や昼光色など、白っぽい活動的な色にするのが基本。就寝前など、ゆったりした気分にしたいときは、明るさを控えめにすることはもちろんですが、光の色も温かみのある電球色などがいいでしょう。

このように、操作が簡単なLED照明器具で調光と調色という二つの機能を賢く活用しながら、心地よい明かりをみつけ、暮らしを演出してみましょう。そして、可能であれば、お部屋に複数の照明器具を取り入れてみてはいかがでしょうか。生活の場面ごとに複数の照明を組み合わせることで、快適性を損なわずに省エネも実現できると思います。

LEDを取り入れるなら、シーリングライトから

引っ掛けシーリングがあれば工事は不要

引っ掛けシーリングなどがあれば工事は不要

前ページで説明したように、いろいろな種類があるLEDの照明器具ですが、最初に取り入れるなら、おすすめなのがシーリングライトで、最もポピュラーな器具です。ここからはシーリンライトを中心に説明していきましょう。

既存のシーリングライトをLEDの照明器具に替えるには工事が必要だと思っている人がいるかもしれませんが、天井に引っ掛けシーリングや埋め込みローゼットなどの配線器具があれば、工事は不要なのです。女性の方もご自身で取り付けることができますよ。

実際に照明器具を購入するときは、売り場で商品と一緒に表示されている「適用畳数」を参考にしてください。好みの形やサイズも重要ですが、明るさが不足していては照明器具を取り替えた意味がありません。必ず「適用畳数」を満たしたもので、ゆとりのある製品を選ぶようにしてください。

また、照明器具を検討するときカタログを参考にする人は多いと思いますが、カタログのスペックや写真だけでは配光や器具の大きさは実感しにくいものです。特に、配光、つまり光の広がり方はわかりにくいでしょう。これはLEDに限らず、照明器具全般にいえることですが、事前にショールームで点灯した状態を確認したり、設計士に相談して選ぶようにすると失敗がなくなりますよ。

【関連リンク】
照明器具の交換についてもっと知りたい方は
リニューアル促進
リニューアル促進Q&A

複数の照明を取り入れる手法について知りたい方は
多灯分散照明のすすめ

【関連記事】
10年!? 意外と知らない照明器具の寿命
読んで納得、知ってお得!LEDの特長



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。