「いま持っている物」の把握をしよう

リフォームでキッチンの収納量を増やしたり、使い勝手を良くしたいという要望を持つ方はとても多いです。「収納はできるだけたくさん」というリクエストは多いのですが、やたら増やせばいいという訳ではありませんし、どれだけの収納が必要なのか、きちんと把握する必要があります。ですから、私はお客様には、リフォームプランを検討する前に、まず「今持っている物」の内容と量を確認していただいています。すると、収納の奥や吊戸棚の上部などに未使用の食器や調理器具がたくさんあったり、お客様自身が「こんなものがあったのね!」と驚かれるような物があったりします。

undefined

キッチン収納に入っている物の量と内容を把握してからプランを考えるのが、リフォームを成功させるコツ

リフォーム前に不要な物を思い切って処分し、本当に必要な物だけを手元に残す「持ち物のリセット」は、とても大事な作業です。はじめに、今後使う物の内容と量を把握しておき、それに応じた収納プランを考えることがリフォーム成功への第一歩といえるでしょう。

 

「最新キッチンの収納量は増えている」ことを知ろう

リフォームでキッチン空間を広げられない場合は、結果収納スペースもそれほど増やせないといったケースもあります。しかし、最新のキッチンはさまざまな工夫により、同じサイズであっても収納できる量が旧型より増えているものが多くなっています。

例えば、これまでのキッチンではシンクの下に大きな排水トラップと排水管があり、それが邪魔になるため、物を収納するには工夫が必要でした。最新のキッチンは、排水管の位置を奥へ移動したり、排水トラップを小さくするなど構造自体を工夫することで、シンク下の収納スペースを大きく確保しているものが多いです。

また、「開き扉タイプのベースキャビネット」の場合は、キャビネットの奥の方は出し入れしにくく、また、収納物を重ねすぎたりつめすぎて整理するのが大変だったりなど、空間をうまく使いきれないケースが多いようです。現在主流になっている「引き出しタイプのベースキャビネット」では、奥にあるものを手前に引き出せるのですから、奥まで使いやすく、引き出し自体も2~3段はあるので、空間を無駄なく活用することができます。さらに、足元の蹴込み部分まで引き出しになっているタイプもあり、季節ものの土鍋などや使用頻度の低い調理器具、缶詰など重さのある食品ストックの収納に便利です。引き出しの深さも、大きさのまちまちな調味料や調理器具を、きちんと収納できるように考慮されています。

キッチンキャビネットを上手に選べば、おそらく一般的なご家庭にあるほとんどのキッチングッズを収納できると思います。キッチンメーカーのカタログやホームページに“収納量の目安”が紹介されていることもありますので、一度目を通してみると良いでしょう。

undefined

引き出しタイプのベースキャビネットなら、空間の隅々まで使えて、たくさんの物が収納可能。奥まで見渡せるので物の出し入れがしやすいというメリットも



「ダイニング側の収納スペース」も考えてみよう

ご家族の多い方の場合は、食器の数も多くなります。料理が趣味で調理器具や調味料が大量にあるという方もいらっしゃいます。このように、収納が普通の方より多く必要な場合には、キッチン本体以外にキッチン背面の収納棚を活用したり、収納ワゴンを作って作業スペースに置くようなプランもおすすめしています。

undefined

たとえばL型のオープンキッチンの場合、角がデットスペースになりがちですが、ダイニング側から取り出せる収納にすることでコーナースペースが有効活用できます

もし、オープンキッチンへリフォームするなら、食事をするときに使うスプーンや箸、取り皿などの収納スペースをダイニング側にも設ける、というのも一案です。ダイニング側での使用頻度が高いカセットコンロや土鍋、ホットプレートなどは、ダイニング側に収納した方が実は使い勝手が良いということもあります。

吊戸棚の壁をそのまま活かして対面キッチンへリフォームする場合、壁部分に両面用昇降タイプのウォールキャビネットを設けて、調味料や茶葉、ティッシュペーパーなど、キッチンとダイニングの両方で使う物を収納するのも良い方法です。遠くまで取りに行く手間が省けて便利ですし、使わない時はスッキリと収納しておくことができます。

ダイニング側も意識して収納スペースを設けると、家族も手伝いやすくなるうえ、ダイニングとキッチン両方とも使い勝手を良くすることができます。とくにオープンキッチンの場合、ダイニング空間と併せて収納プランを考えると良いでしょう。


「収納アイテム」を活用して、使い勝手アップを目指そう

使いやすい収納をつくるには、「使う場所の近くにしまう」プランが基本です。これを実現させるために、最新のキッチンでは「加熱機器の下には鍋やフライパンの収納」「シンク下には下ごしらえ用のボウルやザルの収納」というように、収納場所をしっかり考慮した設計になっている製品が多くなりました。

また、「取り出す・しまう」といった動作ができるだけ少なく、さらに楽な姿勢でできると使い勝手は良くなります。カウンター下のベースキャビネットは引き出しタイプが人気なのですが、それは「使いやすく楽だから」ということが言えるでしょう。開き扉タイプの場合、扉を開けてからしゃがんで出し入れしますが、奥の方は見づらいです。一方、引き出しタイプなら、立ったまま、腰をかがめる程度で動作は引く・押すだけ、開けた時には全体が見えるので、どこに何を入れたかが分かりやすく使いやすいのです。

「収納の仕方」も使い勝手を左右する要因となり、多くの商品では、意外に場所をとる鍋の蓋や、頻繁に使うお玉やフライ返しといった長い物などを立ててしまえる収納アイテムが用意されています。
undefined

引き出しの中のトレーや仕切り板など収納アイテムをうまく活用すれば、きちんと整理しながら収納できて取り出しもラクになります(※写真は扉面材を外しています)


undefined

 

収納アイテムには、引き出しの中で使う物のほかに、ウォールキャビネットの下部や壁、造作対面キッチンのシンク前などに下げて使えるハンガーアイテムなどもあります。調理中に料理本や鍋の蓋を一時置きできるアイテムを選べば、収納だけでなく調理効率もアップするでしょう。

 
収納アイテムは、オプションで用意されていることが多いので、はじめは必要最低限のものだけ購入し、あとは、キッチンを実際に使ってみて、必要に応じてカスタマイズするのもおすすめです。リフォーム後でも買い足しができる収納アイテムなのか、事前に確認しておきましょう。


“不満”を具体的に見つけてから相談しよう

ここまでご紹介したように、リフォームで最新のキッチンに換えるだけで、収納の不満の多くは解決できると思います。細かい収納の工夫点や収納アイテムの使いやすさは、やはりカタログやホームページの情報だけで知ることは難しいので、できればショールームに足を運んで、スタッフに相談する方が良いでしょう。商品の説明を聞くときには、それが標準装備なのかオプションなのかをしっかり確認しておくことをおすすめします。

また、相談する際には「収納に不満が…」と漠然と話すより、キッチンのどの部分に不満があるのか、普段の調理のときにどんなところで無駄を感じているのか、など、具体的に話した方がよりよい解決策やアドバイスがもらえるはずです。キッチンリフォームを考え始めたら、不満点を具体的に見つけるように意識することもリフォーム成功へのポイントです。

ショールームにいる“キッチンのプロ”の力も上手に借りながら、使い勝手がよく収納力の高いキッチン空間へリフォームしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。