加害ドライバーに過失があっても被害者は補償される

加害ドライバー自身への補償はありませんが、相手に対する補償はしっかりあります。とは言え、禁止されている状態で車を運転しないのが大前提です。

加害ドライバー自身への補償はありませんが、相手に対する補償はしっかりあります。とは言え、禁止されている状態で車を運転しないのが大前提です。

事故はいつ、どんな風に起こるかわかりません。また、加害運転手が酩酊状態、薬物服用、自動車保険(任意保険)に入っていないなど様々なケースがあります。万が一の場合に備え、補償の内容を知っておきましょう。

加害車両が任意保険に入っていて、通常の交通ルールを守って運転していれば任意保険は全て使うことができます。しかし、「酒酔い・無免許・麻薬服用時」は次のとおり。最近発生している危険ドラッグ(脱法ハーブ)使用による事故も同様の扱いとなります。

・対人賠償 ○
・対物賠償 ○
・搭乗者傷害保険 ×
・人身傷害補償保険 ×
・自損事故保険 ×
・無保険車傷害保険 ×
・車両保険 ×

事故で被害を負わせてしまった人や物は、任意保険で補償されます。これは保険が被害者救済の意義を持つことを裏付けています。しかし加害運転手が亡くなったり、車が壊れたりしても補償を受けることはできません。

加害車両が任意保険に入っていない場合は?

損害の大きさはケースバイケースですが、加害車両の自賠責保険から次の内容で保険金を受け取ることができます。ただし、いずれも被害者の人身のみです。

・傷害 最高120万円
・後遺障害 最高4000万円
・死亡 最高3000万円

昨今の対人賠償による補償額は増加傾向にあり、亡くなった場合は億単位の賠償金になることも珍しくありません。もし自賠責保険にしか入っておらず、重大な損害が発生した場合、加害者は一生をかけて賠償金を支払い続けることになります。

ひき逃げで相手を特定できなかったら?>>