JR「阿佐ケ谷」駅から中杉通りを3分ほど歩いていくと現れる、小さく「みや野」と書かれた入り口。そして、その狭い階段を2階に上がるとそこは昭和から時が止まったようなレトロな空間が広がる。

ここは7350円のコースのみ(アラカルトを追加可)で、全国各地よりその時々に取り寄せた旬を極めた素材の料理が順々に出されます。今まで食べた中で印象に残っているのは、焼いた女竹、稚鮎、セコ蟹、オリーヴオイルと塩でいただく濃厚なソバガキなど、どれもここならではの料理。

そして、お酒も料理も十分堪能したころ、真打の蕎麦が登場するわけですが、これが店主が来店してから、つなぎを使わず厳選された蕎麦粉と水で手打ちする生粉打ち。短くぬるっとした独特の食感で、何より蕎麦の味・香りが高く深く染み入る。僕にとっては蕎麦の認識を変えてくれた究極の蕎麦でした。おすすめです。なお、予約は必須です。


■みや野
住所:東京都杉並区阿佐谷南1-35-23
電話番号:03-3315-0535
アクセス:JR「阿佐ケ谷」駅南口より徒歩約3分
営業時間:18:30PM~23:00PM(L.O.22:00)
定休日:日・月曜日
地図:Yahoo!地図
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。