観光馬車に乗って桜並木を楽しむ

北上展勝地の桜並木を行く観光馬車(1)

北上展勝地の名物、観光馬車「よしきり号」(2011年5月1日撮影)

北上展勝地の桜並木を行く観光馬車(2)

観光馬車は大人、子供に関係なく大人気(2006年5月2日撮影)

北上展勝地の桜並木が花開いた時に行われる北上展勝地さくらまつり。この北上展勝地さくらまつりで、毎年行われているイベントの一つが観光馬車の運行です。

駐車場近くの蒸気機関車の前から、珊瑚橋近くの児童公園までの桜並木の下を馬に曳かれた観光馬車「よしきり号」がのんびりと走ります。

乗って楽しむもよし、観光馬車が通り行くさまを桜並木と一緒に見るのもよし、北上展勝地ならではの楽しいイベントですね。

 

優雅に泳ぐ鯉のぼりと桜並木のコラボレーション!

北上川の上を元気に泳ぐ鯉のぼりと北上展勝地の桜

北上川の上を元気に泳ぐ鯉のぼりと北上展勝地の桜(2006年5月3日撮影)

北上展勝地の横を流れる北上川の川幅は150メートル前後ありますが、さくらまつりの期間中はこの北上川の上に鯉のぼりが優雅に泳ぎます。

鯉のぼりが泳ぐ場所は、珊瑚橋の下流のポイントで、もちろん桜並木の桜と共に楽しむことができます。春の訪れが遅い北東北ならではのコラボレーションですね。

また、さくらまつりの期間中は、北上川の川面から展勝地の桜並木を眺めるむ遊覧船や、北上駅東口近くの川岸から北上川を横断して展勝地に至る渡し船も運航されています。いろいろな切り口で楽しんでみて下さい。

 

それでは最後に、北上展勝地の桜並木を一望する素敵な風景をご紹介しましょう。次ページに続きます。