東京・銀座の味の素の「だしカフェ」に、編集部がおじゃましました。だしカフェは、日本の伝統でもある「だし」について学べるカフェ。だしの良い香りがひろがっているこのカフェに、ふだんあまり料理をしない編集部Aが挑戦してきました! 実はだしをとった経験も数えるほど……果たしてうまくいくのやら。
だしカフェ店長の小西美夏さん

 だしカフェ店長の小西美夏さんによる、だし取りデモンストレーション

だしカフェの目玉は、だし取りデモンストレーションと、だしの飲み比べです。まずは、だし取りデモンストレーション。昆布とかつおぶしのだしの取り方を、教えてもらいました。だしカフェ店長の小西美夏さんが、目の前で実演しながら、細かくポイントを説明してくれます。時間がかかって面倒なイメージのある、だし取りですが、実はとても簡単。これなら私でもできそう!? 昆布だしは、魔法瓶に60度のお湯と昆布をいれ、1時間置いておくだけで作ることができます。この昆布だしを火にかけ、かつお節を入れた後、キッチンペーパーを敷いたザルでこしたら、おいしい一番だしの出来上がり。

だし飲み比べ

 3種のアレンジだしと、おにぎり

だしの取り方を学んだあとは、アレンジだしの飲み比べタイム。この日は、和風のお吸い物、洋風のトマトスープ、エスニック風のナンプラーとゆずこしょうのスープの3種類の飲み比べ(おにぎりもつきます!)。特に気になったのは、ゆずこしょうの香りが効いている、エスニック風のナンプラーとゆずこしょうのスープ。和風のイメージが強いだしですが、アレンジ次第でいろいろな味を楽しめます。

基本だしやアレンジだしのレシピはもちろん、だしがらを使ってつくるおやつなど、様々なレシピが用意されていて、プリントを持ち帰ることができます。残念ながら、だしカフェは3月27日終了してしまいましたが、自宅で「だし」を活用した食事を楽しみたいですね。このだしカフェで、だしの大切さとおいしさを知った編集A。この日以来、お休みの日にはしっかりとだしをとったお料理をするようになったことはいうまでもありません!?

味の素公式ホームページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。