絵や植物、飾り物は大きなものを一点

絵

小さな飾り物をちまちま飾るより、大きなものをドーン、の方が掃除や手入れがラク!

ついつい、懐かしい写真やかわいい小物を飾りすぎて、ホコリをためてしまいませんか? また、いくつもの鉢植えや花瓶を置くと、水替えや水やりがタイヘン。「飾る」ものはなるべく数を減らし、その代わり、インパクトのある大きなものをドーンと飾る方がラクです。飾る絵がないなら、素敵な布をフレームに入れたり、子供の絵(なるべく小さい子のものの方が迫力があります)を拡大コピーしてもいいですよ。

 

ゴミ箱は吟味しよう

ゴミ箱

捨てるゴミを入れるものだからこそ、ゴミ箱にはこだわりたい

捨てやすい部屋のキモは「ゴミ箱」。ゴミを入れる入れ物なんか何でもいいと思ったら大間違いです。ゴミ箱こそ、捨てやすい、そしてお部屋に置いてイヤじゃない、素敵なものを選びましょう。大きさも、あまり小さいものではなく、立ったままゴミを入れやすい、やや大きなものがおすすめです。

 

模様替えで、素敵な春を!

広く見せるためには、ファブリックは白っぽい無地に替え、ゴチャゴチャを減らすためには、売られていた時のパッケージは隠すか捨てるかして、色やサイズを統一すると、お部屋の印象は驚くほどシンプルになります。ものを増やさず、散らかりにくくする仕組みも模様替えに取り入れて、素敵な春を迎えましょう!




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。