目元ケア

顔の印象を左右する目元は早め早めのケアが肝心

年齢を重ねることで表面化しやすくなる目元のトラブル。なかでも、他人に疲れた感じや老けた印象を与えがちなクマは、一刻も早く改善したい厄介な存在です。

そもそも目の周りの皮膚は非常に薄く、日常生活においてさまざまなダメージを受けやすい部分。なかでも目の下の皮膚は特に薄く毛細血管が透けてみえるため、クマも目立ちやすくなります。

そんなデリケートな部分だからこそ、日ごろからの予防ケアは大切。そしてできてしまったら早めに解消するように心がけましょう。

 


あなたのクマはどのタイプ?
クマの種類とその原因

クマのタイプは全部で3つ。それぞれ見た目も発生のメカニズムも異なります。まずは自然光の入る明るい場所で手鏡を持ち、目の周りの状態をチェックしてみましょう! あなたのクマはどのタイプに近いですか?

【青タイプ】
青みがかった色で、濃くなったり薄くなったりと日や時間によって変化するのは青タイプのクマ。目の疲れ・睡眠不足・冷え・ストレスなど、生活習慣の中で引き起こされる血行不良が原因とされます。パソコンや携帯電話の長時間の使用により、症状を慢性化させてしまっている可能性も。


【茶タイプ】
皮膚を引っ張っても茶色っぽさが残るものは、色素沈着によるシミ・くすみが原因のクマです。色素沈着は紫外線によるダメージや皮膚が摩擦を受けることによって引き起こされ、シミやくすみとなって現われます。加齢とともに、より目立ちやすくなるのが特徴です。


【黒タイプ】
顔を上にあげると薄くなる黒い影のようなクマは、皮膚のたるみが原因で起こるエイジングサインのひとつです。もともと筋肉の動きが多い目元ですが、加齢によってその動きが衰えるため、たるんだり窪んだりしてしまいす。これらがシワ・小ジワを誘発し、より老けた印象をつくってしまいます。


次のページでは、あなたのクマに合った目元ケアのポイントとおすすめのアイテムをご紹介します。