言葉というものは古くから使われているものもあれば、新しく生まれてくるものもあります。ことトレーニングに関してはいろいろな考え方が取り入れられるようになり、まさに黎明期。これまではあまり一般的に聞かなかったような言葉も耳にするようになりました。

犬の体-頭部

ブル・テリア

ブル・テリアのように鼻筋が下方に向かって傾斜している顔のつくりをダウン・フェイスと言う。

ダウン・フェイス(Down Face)
犬の顔を側望した時、おでこのあたりから鼻先にかけて鼻筋が下方に傾斜している顔貌のこと。たとえば、ブル・テリア。
チーキー(Cheeky)
筋肉が発達して丸みをおびた頬、頬骨が出ているもの、頬張りのいいものを指す。たとえば、スタッフォードシャー・ブル・テリア。
チズルド(Chiselled)/チズリング(Chiselling)
特に目の下から頬の部分が余計な肉付きなどなく、すっきり、はっきりとしていること。たとえば、プードル。
ディッシュ・フェイス(Dish Face)/皿顔(さらがお)
犬の顔を側望した時、ストップから鼻先にかけての鼻筋がお皿のように凹んだ顔貌のこと。
テンプル(Temple)/トランペット(Trumpet)
人間で言うこめかみのこと。
トップ・スカル(Top Skull)
頭頂部のこと。
ドーム・ヘッド(Dome Head)/アップル・ヘッド(Apple Head)
頭頂部が平らでなく、リンゴのように丸味をもった頭部のこと。代表的な犬種はチワワ。

犬の体-目

チャイナ・アイ(China Eye)/ウォール・アイ(Wall Eye)/パール・アイ(Pearl Eye)/フィッシュ・アイ(Fish Eye)
青白い明るいブルーの目色、またはブルーの斑がある目色のこと。
トライアンギュラー・アイ(Triangular Eye)/三角目(さんかくめ)/斜眼(しゃがん)
目尻がやや吊り上がり、三角形に見える目の形。

犬の体-耳

タッセル(Tassel)
ベドリントン・テリアのような耳先にあるあるふさふさとした飾り毛のこと。
断耳(だんじ)/クロッピング(Cropping)
外科的に耳の一部を切除し、形を調えること。ドーベルマン・ピンシャーやボクサー、シュナウザーなどでは歴史的に断耳が施されてきたが、現在ではイギリスを始め、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オーストラリアなど動物愛護の観点から法律で断耳が禁止されている国があり、その声は高まる傾向にある。
チューリップ・イア(Tulip Ear)
耳の付き位置がやや高く、チューリップの花が開いたように直立した耳。
ドロップ・イア(Drop Ear)
垂れ耳のこと。

犬の体-鼻

ダッドレイ・ノーズ(Dudley Nose)/フレッシュ・ノーズ(Fresh Nose)/赤鼻(あかはな)
色素の薄い肉色をした鼻。
ツー・トン・ノーズ(Two Ton Nose)/バタフライ・ノーズ(Butterfly Nose)/斑鼻(はんび)
黒い鼻に肉色の斑、または肉色の鼻に黒い斑のあるまだら模様の鼻。

犬の体-口吻

ターン・アップ(Turn Up)
ブルドックのように下顎が出て上に反り返ったもの。
チョップ(Chop)
ブルドッグのように肉厚で分厚い唇、および口吻部。
トップ・リップ(Top Lip)
上唇のこと。

犬の体-首~胸~胴

高尻(たかじり)
犬を横から見た時、背中よりも高くなっている尻部を指す。
タック・アップ(Tuck Up)
グレーハウンドのように胸周りに比べて急激に細くなっている腹部を指す。「腹部が巻き上がっている」という表現を使うこともある。
樽胴(たるどう)
肋骨が張り出していることから、樽のように見える胴部。
鶴首(つるくび)
高く上げた長い首のこと。たとえば、ドーベルマン・ピンシャー。
デューラップ(Dewlap)/咽喉垂皮(いんこうすいひ)
喉および首の部分に垂れ下がった皮膚のこと。
胴づまり
胴が短いことを意味する。
ドライ・ネック(Dry Neck)/クリーン・ネック(Clean Neck)
弛みや皺などのないすっきりとした首のこと。
ドワーフ・タイプ(Dwarf Type)
脚が短めで、その分胴が長く、ややずんぐりと見えるタイプ。特にプードルやチワワなどで使われる。

犬の体-脚

デュークロー(Dewclaw)/狼爪(ろうそう)/蹴爪(けづめ)
足の内側の少し高いところにある親指にあたる爪のこと。
テリア・フロント(Terrier Front)
エアデール・テリアやフォックス・テリアで求められているような前脚が真っ直ぐでストレートなフロント部分。

犬の体-尾

太鼓巻(たいこまき)
日本犬の巻き尾の中でも、きつく巻かずにやや緩く背中に向けて巻いている尾。
太刀尾(たちお)
日本犬では尾が巻かずに根元から背中のほうへ上げた形を差し尾と呼ぶが、太刀尾はその中の一つで、太刀の形に似ていることからこう呼ばれる。
短尾(たんび)
短い尾。理想の長さより短いものや先天的に短い尾、断尾した尾など。
断尾(だんび)
外科的に尾を短く切ること。通常断尾が施される犬種としては、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークやヨークシャー・テリアなどがいる。断耳同様イギリスやドイツ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オーストラリアなど動物愛護の観点から法律で断尾を禁止する国があり、その声は高まる傾向にある。
茶筅尾(ちゃせんび)
茶道で使う茶筅の形に似た先天的な短い尾。特に日本犬に対して使われる。
直立尾(ちょくりつび)/クックドアップ・テイル(Cocked Up Tail)
背線に対して上方に真っ直ぐ上げた尾。
ツイスト・テイル(Twist Tail)
根元からねじれ曲がった尾、ワインの栓抜きのように螺旋状になった尾、パグのようなきつく巻いた尾。
テイルレス(Tailless)
先天的に尾がないもの。

犬の体-歩き方

竹馬歩様(たけうまほよう)
チャウチャウに代表されるように飛節の角度が浅いことから歩き方が竹馬に乗ったように歩幅が狭くなった歩様。
トロット(Trot)
ウォークよりもスピードのある歩き方で、犬にとっては一般的によく使う歩様。右前脚と左後脚というように対角にあたる2本の脚が同時に動いて着地する。