東京の下町の雰囲気を色濃く残す葛飾区の一画。この落ち着いた住宅地に、今から80年前に財団法人「同潤会」が、関東大震災の復興住宅として木造平屋建ての分譲住宅を20軒ほど建設しました。時を経て現在はこの一軒を残すのみとなり、建て主のMさんは住み慣れた家なので改修を決意。そこで、仕事の縁で知り合った、民家改修のエキスパートであるアカデメイアの今井俊介さんに設計を依頼しました。

懐かしい昭和初期の佇まい


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 玄関柱や塀は既存のものを再利用。
2. 塀と同じデザインで仕上げたガレージの扉。写真:アカデメイア
3. 内側から見たガレージの扉。
4. ガレージの扉をスライドしたところ。
5. 丸い飾り窓や細い桟の玄関の引戸も既存のものを再利用。白い壁は漆喰仕上げ。写真:アカデメイア


この家の正面に立つと、昭和初期の木造住宅が醸し出す独特の懐かしさを感じます。外観からは80年前の家の改修とは思えないくらい、昔の家のままの佇まいですが、左側の塀は、以前の塀のデザインを踏襲したガレージの扉となっていて、いっぱいに開けば大型車も余裕で停まれるガレージになっています。母屋の下見張りの板壁も既存のものをそのまま使い、新築当時の凛とした佇まいを今に再現しています。

◆建築家プロフィールと建築データ