四十肩になりたくない人、必見

経験者なら難なくできるゴルフのスイングだが、実は複雑な動きのオンパレード。それを可能にしているのがインナーマッスルなのだ

経験者なら難なくできるゴルフのスイングだが、実は複雑な動きのオンパレード。それを可能にしているのがインナーマッスルなのだ

体のコアを語る上で、忘れてはならないのがインナーマッスル(深層筋)です。筋肉は体の中心――つまり骨に近い部分から、何層にも重なって構成されています。その中でも、中心に近い、深い部分にある筋肉のことを、インナーマッスルと呼んでいます。普段私たちが目にしているのは外側の筋肉(アウターマッスル)で、一般的な筋トレで鍛えられるのも、ほとんどがこのアウターマッスルです。インナーマッスルは前述の通り、体の深いところにあるため、意識しないと鍛えることができません。ところが、実はインナーマッスルは重要な役割を果たしており、ここが鍛えられている否かで体の疲れ具合にも違いが出てくるのです。

私たちの体は、微妙な力具合を調整したり、ひねりやねじりを加えたりといった、複雑な動きをすることが可能です。たとえば、ゴルフのスイングをする時、クラブを構える~バックスイング~インパクト~フォロースルーといった一連の動きを、私たちはごく当たり前に行っていますが、ひとつひとつの動作を考えながらあらためて行ってみると、筋肉や関節を微妙に調整しながら、実に複雑な動きをしていることがわかります。こうした複雑な動きができるよう、関節の動きを柔軟にして微調整を行っているのが、インナーマッスルなのです。インナーマッスルが適度に鍛えられていると、目的の行動に対して体がスムーズに動くため、動作に無駄がなくなって疲れにくくなり、体は良いコンディションをキープできるようになります。

しかし、逆にインナーマッスルが衰えると、調整が効きづらくなるため、姿勢が不安定になったり、筋力のバランスが保てなくなったりして、思わぬケガをする場合があります。若い頃はなんともなかったのに、年齢を重ねるとちょっとした段差でつまずくようになるのは、インナーマッスルの衰えによるものといえます。また、突然肩が上がらなくなる、いわゆる四十肩(しじゅうかた)の症状も、肩の筋力のアンバランスによっておこるといわれています。

実際に目で見えづらい分、インナーマッスルの衰えは把握することがなかなか難しいものです。まだ大丈夫と思っているうちに、意識して鍛えておきましょう。


次のページからインナーマッスルも鍛えることができるトレーニングをご紹介しています。ぜひトライしてみてください。