シンプルな服をドレスアップ!

天然石ビーズのエンブレムペンダント

視線を集める、繊細でありながらボリューム感あるデザイン

いろいろな形のビーズを編み、大きな円形に形作ったペンダントトップ。このボリュームとインパクトは、細かい手作業あってこそ。とはいえテクニックは基本の8の字編みだけなので、ビギナーさんもぜひ挑戦してみてくださいね!

今回は、マザーオブパールとチャロアイトという美しい紫色の天然石を使用しました。形とサイズが同じであれば、素材は何でも構いません。好みの色や質感の材料を使ってください。

天然石ビーズのエンブレムペンダント 材料&作り方

難易度:★★☆☆☆
所要時間:★★★★☆
サイズ:直径約45mm
  • マザーオブパール ナツメ型2.5×5mm……12個
  • マザーオブパール 丸玉3mm……24個
  • 天然石(チャロアイト) カット玉4mm……30個
  • 丸小ビーズ スリーカットシルバー……97個
  • テグス 2号透明……150cm
  • 丸カン シルバー0.7×5mm……1個
  • ネックレスチェーン シルバー……55cm程度

天然石ビーズのエンブレムペンダント

テグスにゆるみがでないよう、引き締めはしっかりと。

1.テグス150cmの中央に丸小ビーズ、天然石を図のように通して円状に編み、丸小ビーズ2個からテグスを出す。

 
天然石ビーズのエンブレムペンダント

ねじれを出さないコツはテグスを丁寧にさばくこと!

2.つづいてナツメ型ビーズと丸小ビーズを通し、「1」ですでに編んだ丸小ビーズを2つずつすくいながら、図のように編む。
最後に丸小ビーズ2個からテグスを出す。

 
天然石ビーズのエンブレムペンダント

重みが出てくるので、テグスのゆるみに気をつけて。

3.チャロアイトとマザーオブパールを通しながら、「2」ですでに編んだ丸小ビーズを2つずつすくいながら、さらに編む。
最後にマザーオブパールからテグスを出す。

 
天然石ビーズのエンブレムペンダント

形を整えながらビーズを通してください。

4.「3」ですでに編んだマザーオブパールの間に、丸小ビーズを通しながら一周する(途中、赤のテグスで金具をつけるためのループを作る)。
位置によって丸小ビーズの数が異なるので、注意すること。

 
天然石ビーズのエンブレムペンダント

チェーンは50cm以上がオススメ

完成!
ループの部分に丸カンを通し、好みのチェーンを通して、完成。

 
円状に編み進む8の字編みの繰り返しなので、1つひとつの工程を着実にこなすのが、美しい仕上がりの要です。

ナツメ型のビーズはあまり使う機会がないかもしれませんが、この作品のように、大きさを出したいときには重宝します。

好きな素材を見つけて、ぜひ作ってみてください!

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。