小さなボディに最新スペックを凝縮した高級コンパクトデジカメ

キヤノンのPowerShot S100は、プレミアムクラスの超高画質と薄型コンパクトサイズを両立する、キヤノン「パワーショットS」シリーズの最新モデル。

前モデルである「S95」からのフルモデルチェンジで、GPS機能を始め、光学5倍ズームレンズや有効1210万画素の新開発CMOSセンサーの採用などスペックも大幅にパワーアップ。マニュアル操作を重視した機能面もさることながら、低ノイズ化や高感度化による高画質化も要チェックポイントだ。
Canon PowerShot S100

Canon PowerShot S100


得てしてあまり欲張りすぎるといい結果は生まれないものだが、このSシリーズに関しては例外だ。

前モデルの「S95」は、レンズ鏡筒に装着されたコントローラーリングによるマニュアル感覚の操作や、画質にこだわった有効1000万画素の1/1.7CCDセンサー、開放絞り値F2.0の明るい大口径レンズなど、特にスペックを気にするヘビーユーザーから絶大なる支持を受けている、少しマニアックなプレミアム・コンパクトデジカメなのだ。

そんな前モデルの後釜となるPowerShot S100だが、細かなスペックをチェックしていくと非常に興味深いモデルということが伺える。

次のページでは、一新されたスペックや機能についてご紹介しよう。