柔軟剤の静電気防止効果って?

柔軟剤を使った繊維の断面図(画像提供:花王)

柔軟剤で仕上げると、繊維表面に親油基を外側にして界面活性剤が並んだ状態に。これにより摩擦抵抗が減少する(画像提供:花王)

衣類もカーテンやソファカバーなどのファブリック類も今は化学繊維が多くを占めますが、化学繊維は静電気を帯びやすいのが欠点。柔軟剤には静電気防止作用もあるので、冬場は特に助かります。

ただ、この効果のために特別な成分が添加されていると思っている人もいますが……?

「それは柔軟剤に配合されている様々な成分(※)の作用によるものです。すべりがよくなるので、摩擦で発生する静電気をおさえることができるのです」とのこと。ふわふわ感と一緒にもたらされたうれしい副産物だったんですね。

ところで静電気にはホコリや汚れなどを吸着しやすくする困った作用も。水町さんによると、柔軟剤のワンランク上の使い方として、この静電気防止作用を利用した花粉症対策がおすすめとのこと。

「静電気はホコリだけでなく花粉も吸着しやすくするので、衣類だけでなく、カーテンやソファカバー、玄関マットなど面積の大きなファブリックにも柔軟剤を使って吸着防止策をとっておくとよいですよ」。

花粉が気になる方はぜひシーズン前に対策をしておくとよいですね。

※詳細:「柔軟仕上げ剤の成分と働きは?

次はさらなる効果と上級テクニックです >>