日本で購入できるサルトリア・イプシロン 

ypsilon

サルトリア・イプシロンのDISTINTOラインのオーダースーツ。38万8500円~

約40年間にわたって、ロンドン、ローマ、ミラノで本場の仕立て技術を学んできた船橋幸彦さん。1994年にアトリエ(工房)をミラノへ移し、サルトリア・イプシロンを設立。これまで世界中の洒落者やセレブリティたちの服を仕立ててきた。

長年イタリアでサルトリア(仕立て屋)を構えてきた船橋さんだが、「日本の素晴らしい手仕事を復興させ、世界に通じる日本の服を作りたい」という、熱い思いから、拠点を日本橋三越本店へ移し、2009年9月から同名のサルトリア・イプシロンを再スタートする。国内では銀座三越と日本橋三越本店で購入することができる。

サルトリア・イプシロンのフルオーダー(ビスポーク)スーツは2つのラインに分かれている。

ypsilon

サルトリア・イプシロンを主宰する船橋幸彦さん

BUONO(ブオノ/ファクトリーメイド)
裁断、仮縫い、補正まで、日本橋三越内にあるアトリエで行う。本縫いは船橋さんが技術指導をした国内の縫製工場で行う。この価格で仮縫いが付くのは珍しい。
スーツ価格17万3250円(税込)~。選ぶ生地によって異なるが、平均価格帯22~23万円位。
納期 約1ヶ月半

DISTINTO(ディスティント/アトリエメイド)
裁断から仮縫い、本縫いまで、すべての工程をアトリエの仕立て職人が行う。手縫いやアイロンワークの工程も多い。
スーツ価格38万8500円(税込)~。選ぶ生地によって異なるが、平均価格帯45万円位。
納期 約2ヶ月

生地は、ジョン・フォスター、トレーニョから、ゼニア、ドーメル、テーラー&ロッヂなど、高品質な生地が充実している。イタリアの生地で注文されるお客さんが多いとのこと。

次のページでは美しいオーダースーツの秘密を探ります。