日本損害保険協会では交通事故が多発する交差点のワースト5を全ての都道府県別に公開しています。事故が潜む危険な交差点と、そこで起きる事故を知っておけば自然と事故防止になります。

ご近所の事故地帯を確認してみよう!

各都道府県ともワースト5までが公開。千葉県では同率5位が10ヵ所もあるという不名誉な結果になっています(平成22年)。(日本損害保険協会HPより)

各都道府県ともワースト5までが公開。千葉県では同率5位が10ヵ所もあるという不名誉な結果になっています(平成22年)。(日本損害保険協会HPより)


日本損害保険協会のホームページでは「全国交通事故多発交差点マップ ~あなたの県の事故多発交差点はここだ!!~」を公開しています。プルダウンで選ぶか地図をクリックすると確認したい地域のワースト5、事故件数の推移、どのような事故が多いか(事故類型の解説)などの情報がわかるようになっています。東京都は以下の交差点がワースト5となっています(いずれも平成22年度)。

ワースト1 溜池交差点
ワースト2 豊玉陸橋交差点
ワースト2 大原交差点
ワースト2 上高井戸1丁目交差点
ワースト2 池袋六ツ又交差点

危ない場所を知っておけば事故防止になる!

東京都ではワースト2位が同率で4件並ぶ結果となりました。いずれも交通量の多い道路が交差していたり、見通しの悪い陸橋があったりと事故が起きる条件がそろっています。また同サイトではどんな事故が多いかも公開しています。例えば「右折時の事故」「出会い頭」「人(横断中)対車」といった具合です。実際に運転して通行したことがある方なら、「やっぱり」と思われるかもしれませんね。よく運転する地域の情報を確認しておけば、事故防止につながるはずです。

次のページで保険会社が公開する最新の事故情報!>>>>>>>>>