ガイドのおすすめグレードは「2.0iアイサイト」

当然ながらFFモデルの他、4WDモデルも選べる。2リッターで23万1千円高。FFモデルの場合、ガソリン代の差を考えればプリウスの方が生涯コストは安くなるため、インプレッサを買うなら雪道を苦にしない4WDか、安価な1.6リッターのベーシックグレードということになる。

グレード選びは簡単。イチオシがコストパフォーマンスに優れる「1.6i」。ただ1.6リッターでも上級グレードの「1.6i-L」を選ぶなら、オートライト、クルーズコントロール、革巻きハンドル、アルミホイール、そしてアイドリングストップまで付いて16万8千円高の「2.0i」だと思う。
アイサイトなどで、走行安全性が高いのも特徴

アイサイトなどで、走行安全性が高いのも特徴


ガイドのおすすめグレードは、追突事故などの可能性を大幅に減らしてくれる緊急自動ブレーキや、渋滞時のノロノロ走行でも車間距離を維持してくれるクルーズコントロール機能を持つ「2.0iアイサイト」。219万4500円也。総合性能を考えればお買い得プライスだ。

ダッシュにソフトパネルを採用するなどクオリティがレガシィより上だったり(レガシィはコンパクトカーと同じレベル)、4ドアセダンのデザインも好評だったり、なかなか魅力のあるモデルに仕上がっているものの、宣伝下手なスバルだけに存在感をキッチリ出せるかどうかで販売台数は決まると思う。
素材感にこだわり、上質感のある室内空間に仕上げられている

素材感にこだわり、上質感のある室内空間に仕上げられている(画像はG4の 2.0i)



【関連サイト】
スバル