重要事項説明とは、契約を結ぶ前に契約に関する重要なことを説明してもらうもので、この説明によって契約を結ぶかどうかを決める判断材料にもなるものです。
不動産取引に関わる(売買や賃貸)契約を行う場合には、必ず重要事項説明を受けなければならないと宅地建物取引業で定められています。


重要事項説明とは?
 

不動産取引において、取引当事者に不利益を生じないようにするために重要事項説明は行われるもの。賃貸よりも売買のほうが不動産取引の特性が複雑なので、重要事項説明もかなり込み入ったものになりますが、賃貸でも同様に重要事項説明は行われます。


◎重要事項説明をするのは、宅地建物取引主任者でなければならない。また、説明をするときには宅地建物取引主任者証を見せなければならない。
◎重要事項説明をするときには、必ず書面をもってしなければならない。

重要事項説明は、その名称の通り「重要な事項を説明する」ことです。重要なことなのですから、だれが説明してもいいというわけではありません。説明したことに責任が持てる人でなければ困りますから、宅建資格を有する取引主任者が説明することが義務付けられています。もちろん、口頭で説明するだけでは、「そんなことは聞いていない」「いや、説明したはず」など、言った言わないの水掛け論トラブルにもなりかねませんから、書面で示すことも定められています。

さて、重要事項説明ではいったいどんな内容を説明されるのでしょうか。

>>>「物件に直接関係すること」と「取引の条件にかかわること」