そろそろ秋も深まり、肌寒くなる季節となってきましたが、衣替えはもう終わりましたか? 衣替えと言えば、ジャケットやスーツを秋冬ものに替えたり、ニットのセーターやベスト、カーディガン、手袋やストールなどのアイテムを引っ張りだしてくるものですよね。でも、ネクタイを秋冬用に衣替えする人はあまりいないのではないでしょうか? ちょっとそんな疑問を抱いたので、今回は、春夏ではなく、秋冬のシーズンにぜひ愛用してもらいたいネクタイについて解説します。

ネクタイには衣替えは必要?

ウールタイ

秋冬には、ウインターアイテムの素材感に合ったネクタイを着用したいものです。ウールやカシミアのネクタイはカントリー調のイメージなのでビジネスにはちょっとと思っている人。今では、チョイスも豊富ですよ。  Photo:佐山順丸(CRACKER STUDIO)

そもそもネクタイは、衣替えしなくても、寒さにはそんなに影響はないので、一年を通して同じ素材や柄のネクタイをしている人が多いのだと思います。色や柄で春夏らしいもの、秋冬らしいものというのはあるとは思いますが、ネクタイ全部を秋冬用に替えることはないし、その必要もありません。冬でもクリスマスのパーティに行くときには、少し光沢感のあるシルクのネクタイのほうが華やかでふさわしいですし、ウールのシンプルなソリッドのスーツやジャケットにはシルクのボリューム感のあるネクタイも似合います。

しかし、これからの寒くなる秋冬の季節には、年中使えるネクタイのコーディネートだけではもったいない。衣替えで出してきた、ウールの厚手のカーディガン、ジャケットやスーツの下に着用する薄手のウールのベストやセーター、また、フランネルやツイードのジャケットやコートなどのウィンターアイテム合わせるネクタイはそれにふさわしいものが他にもあります。

中でもおすすめなのがウールやカシミアのネクタイ。今まで、ウールやカシミアのネクタイと言えば、重量感があって、どことなくカントリー調イメージもあり、ビジネスシーンでは敬遠されてきました。ところが、素材の組み合わせとしては、フラネルやツイードのような暖かみと重量感があり、テクスチャーのある素材のジャケットやスーツには、同じようなテクスチャーのネクタイがぴったりなのです。
 

今年は暖かなテクスチャーのナロータイがマスト

ウールタイ

今年の秋冬のネクタイのトレンドは細いナロータイ。ウールやカシミア素材のナロータイをぜひビジネスのシーンでも着こなしてみましょう。 Photo:佐山順丸(CRACKER STUDIO)

ここ数年、ネクタイは細身のナロータイ(最近ではスキニータイとも言います)が流行していますが、今年の冬にはぜひ、ウールやカシミア素材のナロータイをワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

カーディガンやセーター、ツイードのジャケットなどを着たときの胸元のVゾーンがぐっとスタイリッシュに引き締まります。しかも、秋冬のスーツやジャケットに合うだけではなく、今、話題となっているウォームビズにも一役買います。今では、ウールやカシミア素材のネクタイの種類も豊富で、さまざまな色のソリッドカラーのものもあれば、格子柄やチェック柄など選択の幅は広がっています。
ビジネスにはシルクのネクタイしか締めなかったビジネスマンも今年はぜひウールやカシミア素材のネクタイに挑戦してみてください。ジャケットを着用しなくても、ベストやカーディガンだけのコーディネートにもばっちりと決まります。しかし、あくまでもポイントは、ビジネスシーンで細身のナローのものを選ぶこと。きっとスマートに見えますよ。

【最近の記事】
秋を楽しむスエットシャツの着こなし方
新しいビジネス靴下のトレンドはハイソックス!
この夏を乗り切るラコステの着こなし方



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。